Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【簡単】最新版・データパックの入れ方【Java版マインクラフト】

【簡単】最新版・データパックの入れ方【Java版マインクラフト】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.19.2)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

データパックの入れ方が分からないマインクラフター
「データパックってどうやって導入するの? 詳しく手順を教えて欲しいな」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 【Java版】データパックの入れ方

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップやミニゲームを制作しています!
ダウンロードページ

この記事では、データパックの導入方法を解説していきます。
具体的には、Java版かつシングルプレイで遊んでいるワールドにデータパックを入れる方法ですね。

マルチプレイにおける導入方法はやり方が異なります。
なので、マルチで導入したいという方はこの記事の最後の方に貼ったリンクから確認してみてください。

というわけで、さっそくやり方を見ていきましょう!



【Java版】データパックの入れ方

データパックを導入するには、適切なファイルにデータパックのデータを入れる必要があります。

1つ1つの作業をしっかりとやれば難しいものではありませんので、早速やっていきましょう。

大まかな流れとしては以下の通りです。

  1. データパックの本体を見つける
  2. マイクラのセーブデータが入っているsavesというフォルダを見つけ、さらにdatapacksというフォルダを見つける
  3. datapacksにデータパックの本体を入れる

上手くいかなかった場合は、【悩み解決】データパックが読み込まれない原因3選【マイクラ】の記事を参考にしてみてください。
それでは、解説していきます。

1:データパックの本体を見つける

データパックの本体というのは、データパックそのもののことを指します。

配布しているデータパックはその都合上、利用規約などのテキストファイルなども同梱されている可能性が高いです。
しかし、そういった余計なファイルを導入する必要はないので、必要な本体だけを見つけようということになります。

データパックは決まった構造でないと読み取れなくなっています。
なので、以下のようになっているファイルを探しましょう。

データパック本体
  • データパック名
    • data(フォルダ)
      • フォルダ(データパックごとにどれくらいのフォルダがあるかは異なる)
    • pack.mcmeta

要はdataという名前のフォルダとpack.mcmetaというファイルをまとめているフォルダがデータパックの本体となります。

2:savesを見つけ、さらにdatapacksを見つける

先述したようにsavesというのは、マイクラのワールドのセーブデータを保存している場所です。

savesの開き方については、バックアップを説明している記事で解説しているのでこちらをご覧ください。

【簡単】バックアップを取るにはsavesからコピーする【マイクラ】

savesを無事に見つけることができたら、savesを開きます。
すると、シングルプレイに追加されているワールドのデータがフォルダとして確認できますので、その中から導入したいワールドのフォルダをさらに開きましょう。

ワールドのフォルダを開くことで、「advancements」や「data」、「playerdata」などといったフォルダを確認できるかと思います。
その中から「datapacks」を探せばOKです。

3:savesにデータパックを移動させる

最後は簡単です。
データパックの本体をdatapacksに移動させるだけで導入は完了します。

実際に移動させても良いですし、コピペで行っても問題ありません。

導入後はワールドに入って

/reloard

というコマンドを打っておくと安心です。
データパックなどの再読み込みを行うコマンドですので、導入したけどまだ読み込んでいなかったというあるあるを回避できます。

また、マルチプレイの場合はサーバーの建て方でdatapacksの場所が異なります。
なので、開くのに苦労するかと思います。

その時は以下の記事などを参考にしていただけると幸いです。

Realmsの場合

【誰でもできる】Realmsでデータパックを導入する方法【マイクラ】

レンタルサーバー、ConoHaの場合

【ConoHaにデータパック導入】サーバーフォルダを開こう【マイクラ】

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • データパックなどを再読み込みするコマンド
/reload
ポイント
  • データパックの導入は、datapacksの場所、データパックの本体を見つけることができれば簡単に行える。

この記事は以上になります。