マルチプレイなら『シン・VPS』がおすすめ!

【マイクラ】バイオームをタグでまとめよう【作業効率アップ】

【マイクラ】バイオームをタグでまとめよう【作業効率アップ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.20.4)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

こんにちは!
マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

2016年からマイクラを楽しんでおり、最近はクリエイティブモードでコマンドを駆使して遊んでいます!

この記事では、こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • タグでまとめて簡単に指示できる

コマンドなどでバイオームを指示する際、複数のバイオームを指定するのはめんどくさいなんてことはありませんか?

今回はそんな煩わしさを解消するタグについて解説していきます。

1度設定してしまえば繰り返し利用できるので、ぜひ活用してみてください。

それでは見ていきましょう!

本記事で解説しているデータパックはGitHubからダウンロードすることが可能です。

タグでまとめて簡単に指示できる

バイオームをタグでまとめることで、簡単に指示できるようになります。

例えば以下のように、平野とジャングルを指示したタグのファイルがあるとします。

{
  "values": [
    "minecraft:plains",
    "minecraft:jungle"
  ]
}

このファイルを指示したlocateコマンドを実行すれば、平野もしくはジャングルの近い方を教えてくれます。

実際のコマンドは以下の通りです。
(タグのファイルはsampleというフォルダのcustom.jsonを参照しているとします)

/locate biome #sample:custom

タグになっているものの特徴として、文頭に#が付与されます。
つい忘れてしまうので気を付けましょう。

他の使い方を挙げるとすれば、executeコマンドで条件を付与する際などでしょうか。

以下はコマンドの実行場所が#sample:customであれば、コマンドの実行者にダイヤモンドを1つ付与するコマンドです。

/execute if biome ~ ~ ~ #sample:custom run give @s minecraft:diamond 1

こういった使い方もできるので、様々な活用方法があります。

データパックの構造

データパックの構造は以下のようになります。

  • datapack本体
    • data
      • フォルダ
        (今回はsampleと命名)
        • tags
          • worldgen
            • biome
              • jsonファイル
                (今回はcustom.jsonと命名)
    • pack.mcmeta

jsonファイルとpack.mcmeta以外は全てフォルダとなります。
また、pack.mcmetaの中身は以下の通りです。

{
  "pack": {
    "pack_format": 26,
    "description": "biome tag sample Credit by Natsume"
  }
}

jsonファイルの中身には、バイオームのIDを記述する必要があります。

指示するバイオームの数が増えるほど面倒なので、Biome Tag Generatorを使うことをおすすめします。

{
  "values": [
    "minecraft:plains",
    "minecraft:jungle"
  ]
}

今回は通常のバイオームのみを使用しましたが、カスタムバイオームを指示することも可能です。

その場合でもIDを指示すればよいだけなので、難しいことはありません。
カスタムバイオームについては以下の記事で解説しています。

【マイクラ】実は簡単に作れるカスタムバイオーム【データパック】

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • バイオームをまとめて指示する場合には、タグでまとめる。
  • カスタムバイオームも対応している。

この記事は以上になります。

  • 【まとめ】functionコマンドの基本から応用【マイクラ】
  • 【まとめ】カスタムストラクチャーの実装・カスタム方法【マイクラ】