Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【取引内容を解説】製図台で製図家に就職させる【マイクラ】

【取引内容を解説】製図台で製図家に就職させる【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.18.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

製図家について知りたいマインクラフター
「製図家に就職させるには、どのブロックを使えばいいの? どんな取引をするのか、厳選するべきなのかも教えて欲しいな」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 製図台で製図家に就職させる
  • 取引内容一覧と注意点
  • 厳選する必要はない

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事では村人の職業の一つである製図家についてまとめています。

製図家に就職させるには何のアイテムが必要か、どういった取引をしてくれるのか。
また、取引内容を厳選するべきなのかどうかにも触れています。

これらの解説のほか、よく陥りがちな間違いなどもあわせて紹介しているので参考になれば幸いです。

それでは、さっそく見ていきましょう。



製図台で製図家に就職させる

製図家にするには、製図台を未就職の村人の近くに設置すればOKです。

未就職の村人は茶色い服を着ており、特にこれといった特徴が容姿に見られない村人のことですね。

製図台は以下のレシピで作成できます。

注意点としては、緑色の村人はニートなのでそもそも就職することがない点。
製図台が村人の届かない位置にあると就職できない点あたりでしょうか。

それらを意識すれば就職してくれるはずです。

生成された村から製図家を探す場合

自然生成された村の中から製図家を探す場合は、以下のような家があるかどうかを探すと良いです。

この家には製図台が備わっており、その村の村人が勝手に就職して製図家が存在する可能性が高いです。

ただし、あくまでも一例ですので見つけた村をくまなく探した方が良いかと思います。

なにはともあれ、製図台を用意すれば製図家と取引ができるようになりますよ。

取引内容一覧と注意点

1:新米

新米の時点では、エメラルドか白紙の地図を得ることができます。
白紙の地図は使わないときはとことん使わないので、基本的に紙を渡して村人を成長させましょう。

要求アイテム(必要個数)販売アイテム(貰える個数)
紙(24)エメラルド(1)
エメラルド(7)白紙の地図(1)

2:見習い

見習いになると、海洋探検家の地図の地図を得ることができます。
海洋探検家の地図を使うことで、海底神殿を見つけるのはもちろんのこと海のバイオームを確実に見つけられますよ。

要求アイテム(必要個数)販売アイテム(貰える個数)
ガラス板(11)エメラルド(1)
エメラルド(13)
コンパス(1)
海洋探検家の地図(1)

3:一人前

1人前になると、森林探検家の地図を取引することができるようになります。

気をつけるべきなのは、海洋探検家の地図が出るか森林探検家の地図の地図が出るかの運試しというわけではなく、森林探検家の地図は1人前まで育てることで取引可能となる点です。

つい先に海洋探検家の地図が取引可能となって、その製図家からは森林探検家の地図が出てこないなんて思いがちですが、一人前まで育てればきちんと森林探検家の地図も出現します。

要求アイテム(必要個数)販売アイテム(貰える個数)
コンパス(1)エメラルド(1)
エメラルド(14)
コンパス(1)
森林探検家の地図(1)

海洋探検家の地図、森林探検家の地図が同じ地図になる理由

海洋探検家の地図や森林探検家の地図を別の村人から取引しても同じ地図になる理由は、未生成チャンクの中から最も近い場所の建造物を示すシステムになっているからです。

要するに、行ったことのない場所にある、最も近い海底神殿ないし森の洋館を示す地図になってしまうわけです。

なので、一度その地図が示す建造物を見つけてチャンクを生成させてしまえば、その場所を示す地図がもらえることはなくなります。

探検家の地図を取引したことのある村人からは、初めに取引したものと同じものしか入手できません。
(建造物のあるチャンクを生成したからといって、取引してくれる地図が変化するわけではないということになります)

4:熟練者

熟練者になることで取引内容に装飾に役立つアイテムが登場します。

旗に関しては色がランダムに決まるので、どうしても欲しい色が出るとは限りません。
なので、羊を繁殖させた方が効率は良いです。

要求アイテム(必要個数)販売アイテム(貰える個数)
エメラルド(7)額縁
エメラルド(3)模様のついていない旗(1)
※色は16色の中からランダムに決定

5:達人

達人になることで、旗の模様の一つである地球の模様が取引できるようになります。
地球の模様は製図家との取引でしか手に入らないので、1つは入手しておきましょう。

要求アイテム(必要個数)販売アイテム(貰える個数)
エメラルド(8)旗の模様(1)
※地球の模様

厳選する必要はない

製図家は厳選する必要がありません。
というのも、厳選してもメリットがないからです。

先ほど紹介した取引内容を見ていただければわかる通り、ランダム性のものは旗だけですし旗は貴重なものでもありません。

また、新米の時点では厳選できるものもありません。

なので、厳選する必要はありません。
とはいえ最後の段階である達人まで開放しておくべきだとは思います。

取引内容の項目でも説明しましたが、地球の模様は製図家の取引からしか手に入らないので、入手方法が限られているアイテムとなっています。

複数必要というアイテムではないので、1人だけ達人まで成長させて幾つかストックしておけば充分ですね。

というわけで、製図家を厳選する必要はありません。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • 製図家に就職させるには、製図台が必要。
  • 取引できるものとしては、海洋探検家の地図、森林探検家の地図が目玉。
  • 厳選する必要はない。

この記事は以上になります。