Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【用語解説】魂力とは能力を示す言葉!起動型能力です【MTG】

【用語解説】魂力とは能力を示す言葉!起動型能力です【MTG】

魂力について知りたいMTGプレイヤー
「魂力ってどういう能力なの? インスタントタイミングで起動したり、打ち消すことってできるのかな?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 魂力とは能力を示す言葉
  • インスタントタイミングでも唱えられる
  • 基本的には打ち消せない

こんにちは! MTGプレイヤーのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

過去にはMTGアリーナにて、ミシックに到達した経験があります!
普段はエンジョイ勢です。

この記事では、魂力と書かれている能力について解説していきます。

魂力がどういった能力なのか、インスタントタイミングでも唱えることができるのか、打ち消したい場合にはどういったカードが使えるのかということですね。

難しい内容ではないので、サクッと読めるかと思います。
それでは、さっそく見ていきましょう!



魂力とは能力を示す言葉

魂力(こんりき)とは、能力を示す言葉です。
キーワード能力というわけではありませんが、そういう名称で呼ばれている能力だと思えばOKですね。

例えば、「竹林の神」というカードが存在します。

竹林の神

クリーチャー・エンチャント — スピリット

竹林の神が戦場に出たとき、あなたはあなたの手札にある土地・カード1枚をタップ状態で戦場に出してもよい。
魂力 ─ (2)(緑),竹林の神を捨てる:《森》という名前のカード2枚をあなたの手札に創出する。

魂力の能力は起動型能力となっており、マナの支払いに加えて自身を手札から捨てることで起動できます。
なので、戦場にいる時に同名カードを捨てるわけではないですね。
魂力を持つカードが手札にある時に使える能力となっています。

インスタントタイミングでも唱えられる

魂力は起動型能力ですので、インスタントタイミングで唱えることができます。

起動型能力については過去に記事にしていますので、詳しくはそちらをどうぞ。

起動型能力は相手ターンにも使えます!【MTG】

インスタントタイミングで唱えられるわけですので、相手ターンにも唱えることができますね。ただし、起動タイミングを指定されていた場合にはそれに従う必要があります。

基本的には打ち消せない

魂力は基本的には打ち消せません。
これは魂力が能力であって、呪文ではないからですね。

なので、「消失の散乱」や「否認」などといった呪文を唱えたことに対する打ち消しの呪文では打ち消すことができません。
しかしながら能力を打ち消す呪文も存在しています。

例を挙げると「もみ消し」ですね。

もみ消し

インスタント

起動型能力1つか誘発型能力1つを対象とし、それを打ち消す。(マナ能力は対象にできない。)

この「もみ消し」は起動型能力か誘発型能力を打ち消すことができます。
能力を打ち消すことができる代わりに呪文を打ち消すことはできないようになっていますね。

なので「もみ消し」など能力を打ち消す呪文では、魂力の能力を打ち消されてしまうということになります。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • 魂力は能力を示す言葉。
  • 起動型能力なので、インスタントタイミングでも唱えることができる。
  • 打ち消す場合には、能力を打ち消す呪文が必要となる。

この記事は以上になります。