Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【ちょっとだけ違う】石炭と木炭の違いを解説【マイクラ】

【ちょっとだけ違う】石炭と木炭の違いを解説【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.19.2)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

石炭と木炭について知りたいマインクラフター
「石炭と木炭って見た目も名前も似ているけど、何が違うのかな? 詳しく教えて欲しいな!」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 石炭と木炭の違い

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、サバイバルモードを楽しむほかクリエイティブモードでコマンドを駆使して遊んでいます!

この記事では、石炭と木炭の違いについて解説していきます。
この2つのアイテムは見た目がよく似ており、実際見た目以外でも似ている箇所の多いアイテムです。

それらについて説明していくほか、異なる点についても触れています。
さっそく見ていきましょう!



石炭と木炭の違い

石炭と木炭の違いは、ほとんどありません。

主な使い道である燃料としてみた場合、同じ量のアイテムを焼くことができるので優劣の差がありません。
80秒間アイテムを焼くことができ、これは8個分のアイテムを焼くことが可能な秒数です。

また、クラフト面でも石炭ブロックに木炭が使用できないという点以外では、石炭部分の箇所を木炭で代用することが可能となっています。
なので松明を作る際に木炭と木の棒を使ってもいいわけですね。

大きく異なる点を挙げるとするならば、入手手段程度です。
石炭は石炭鉱石を破壊して入手するのが基本的な入手方法で、一方の木炭は原木などを精錬しないと手に入れることができません。

どちらも入手方法が難しいというわけではないので、状況や自分の好みに合わせて使い分けるのが良いですね。

【無限に手に入れられる】Y=0以上に生成される石炭【マイクラ】
【石炭とほとんど同じ】木炭の入手方法ほかまとめ【マイクラ】

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • 石炭と木炭の違いはほとんどないが、入手手段など異なる点も存在する。

この記事は以上になります。