Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【コマンドでろうそくの状態を検知】アイテムIDも紹介【マイクラ】

【コマンドでろうそくの状態を検知】アイテムIDも紹介【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.18.2)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

コマンドでろうそくを扱いたいマインクラフター
「ろうそくを指定する場合ってどういう風に打ち込めばいいの? 火が付いたことを検知したりもしたいな」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • ろうそくのアイテムID
  • ろうそくの状態を感知する方法

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事ではコマンドでろうそくを扱う場合についてまとめています。

ろうそくのアイテムIDを通常のもの、色付きのもののどちらも紹介するほか、ろうそくの状態を検知する方法についても解説。

なので、火が付いた瞬間にコマンドを実行させるようにするなんてこともできますよ。

それでは、さっそく見ていきましょう!



ろうそくのアイテムID

ろうそくのアイテムIDは”minecraft:candle”になります。

なので、ろうそくを付与するコマンドは以下のようになりますね。

/give @p minecraft:candle 1

ただし、色付きのろうそくを指定する場合は別のアイテムIDが必要になります。
ろうそくのIDに色を指定するわけではなく、別のアイテムIDを入力するので完全に別のアイテムという扱いですね。

具体的には以下の表をどうぞ。

アイテム名アイテムID
ろうそくminecraft:candle
白色のろうそくminecraft:white_candle
橙色のろうそくminecraft:orange_candle
赤紫色のろうそくminecraft:magenta_candle
空色のろうそくminecraft:light_blue_candle
黄色のろうそくminecraft:yellow_candle
黄緑色のろうそくminecraft:lime_candle
桃色のろうそくminecraft:pink_candle
灰色のろうそくminecraft:gray_candle
薄灰色のろうそくminecraft:light_gray_candle
青緑色のろうそくminecraft:cyan_candle
紫色のろうそくminecraft:purple_candle
青色のろうそくminecraft:blue_candle
茶色のろうそくminecraft:brown_candle
緑色のろうそくminecraft:green_candle
赤色のろうそくminecraft:red_candle
黒色のろうそくminecraft:black_candle

ろうそくの状態を感知する方法

ろうそくの状態を検知したい場合は、ろうそくのアイテムIDの後ろに[]をつけてその内側に状態を示す文字列を入力する必要があります。

例えば、火が付いているろうそくを検知したい場合には”lit=true”という文字列が必要です。

ここでexecuteコマンドを用いて、座標XYZ=0の場所に火のついている空色のろうそくがある場合にコマンドが実行されるようにしてみます。

/execute if block 0 0 0 minecraft:light_blue_candle[lit=true] run effect give @a glowing 1 0 true

”if block 0 0 0”で座標XYZ=0のブロックを指示しており、そのブロックが何であるのかというのが、後ろに続く”minecraft:light_blue_candle[lit=true]”(火のついている空色のろうそく)となっています。

なので、座標XYZ=0に火のついている空色のろうそくがある時にコマンドが実行されるようになるわけですね。

実行されるコマンドはrun以降に記載されており、上記のコマンドでは1秒間すべてのプレイヤーが発行するようになっています。

なので、この部分は各自実行したいコマンドに書き換えてしまってOKです。

上記のコマンドはリピートコマンドブロックで常にブロックを監視する必要があります。
なので、コマンドブロックに入力しリピート、無条件、常時実行にしておく必要があります。

executeコマンドについては、以下の記事にて詳しく説明しています。

【超便利】executeコマンドは条件や仮定を付与する【マイクラ】

ろうそくの状態を示す項目

上述したコマンドでは、火が付いているかどうかのlitを紹介しましたが、それ以外にもろうそくの状態を示す項目が存在します。

それらについて簡単に触れていきます。

文字列意味合い
lit=火が付いているかどうか。
trueで火がついており、falseで火がついていない状態を示す。
candles=そのマスに何本のろうそくがあるのか。
1~4の数字を指定して扱う。
waterlogged=水中に埋まっているかどうか。
これもlit=と同様にtrue/falseで指定。
ちなみに水中内だと火は消えてしまうので、lit=と合わせて使いたいときは要注意。

これらは,(カンマ)で区切ることで同時に指定することができます。
なので、そのマスに3本のろうそくがあって火が付いている状態を指示することもできますね。

minecraft:candle[lit=true,candles=3]

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • ろうそくを手に入れるコマンド
/give @p minecraft:candle 1
  • 座標XYZ= 0 の場所に火のついている空色のろうそくがある場合にすべてのプレイヤーが発行するコマンド
/execute if block 0 0 0 minecraft:light_blue_candle[lit=true] run effect give @a glowing 1 0 true
ポイント
  • ろうそくと色付きのろうそくではアイテムIDが異なる。
  • ろうそくの状態を示すには、[]で囲い適切な文字列を入力する。

この記事は以上になります。