【Java版】コマンドでエンチャントする方法!使うコマンドは○○!

【Java版】コマンドでエンチャントする方法!あのコマンドを使います!

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

コマンド初心者なマインクラフター
「コマンドを使ってエンチャントしたいんだけど、何のコマンドを使えばいいの? レベル100のエンチャントとかやってみたいな!」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • エンチャント付きのアイテムを出すのもgiveコマンド
  • enchantコマンドは既に所持しているアイテムに有効

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

ナツメってこんな人

今回はアイテムにエンチャントを付与する方法を紹介します。
方法としては

  1. アイテムを取り出す際にエンチャントを付与しておく
  2. 手元にあるアイテムにエンチャントを付与する

が挙げられますが、基本的には①のアイテムを取り出す際にエンチャントを付与しておく方法をおすすめします。
その理由などもあわせて解説していくので、さっそく見ていきましょう!

エンチャント付きのアイテムを出すのもgiveコマンド

エンチャントを付与するコマンドというと、「/enchant」から始まるコマンドがあります。
ただ、このコマンドって正直使いにくいんですよね。

詳しくは後述しますが1番の欠点として、手元に持っていないアイテムにエンチャントを付与させることができない点が挙げられます。

なので、enchantコマンド以上に小回りの利くコマンドが欲しいところ。
その答えがgiveコマンドになります。

アイテムにエンチャントを付与させたい悩みを持つレベルの人ならば分かると思いますが、giveコマンドはアイテムを付与するコマンドです。

giveコマンドでアイテムを付与させる際に、「そのアイテムはエンチャントされているもの」と情報を書き足せばOKです。

実際にやってみましょう。
以下のコマンドでは、ダメージ増加のエンチャントレベル100の金の剣を1つ付与させます。

/give @p minecraft:golden_sword{Enchantments:[{id:sharpness,lvl:100}]} 1

通常の金の剣を取り出すgiveコマンドの場合

/give @p minecraft:golden_sword 1

となりますので、肝となるのは{Enchantments:[{id:sharpness,lvl:100}]}の部分となります。
この部分こそがエンチャントを付与している箇所です。

この部分を変更することで付与させるエンチャントやレベルを変更することができます。

エンチャント内容コマンドに記述する文字列(すべてレベル1)
ダメージ軽減{id:protection,lvl:1}
火炎耐性{id:fire_protection,lvl:1}
落下耐性{id:feather_falling,lvl:1}
爆発耐性{id:blast_protection,lvl:1}
飛び道具耐性{id:projectile_protection,lvl:1}
水中呼吸{id:respiration,lvl:1}
水中採掘{id:aqua_affinity,lvl:1}
棘の鎧{id:thorns,lvl:1}
水中歩行{id:depth_strider,lvl:1}
氷渡り{id:frost_walker,lvl:1}
束縛の呪い{id:binding_curse,lvl:1}
ダメージ増加{id:sharpness,lvl:1}
アンデッド特攻{id:smite,lvl:1}
虫特効{id:bane_of_arthropods,lvl:1}
ノックバック{id:knockback,lvl:1}
火属性{id:fire_aspect,lvl:1}
ドロップ増加{id:looting,lvl:1}
範囲ダメージ増加{id:sweeping,lvl:1}
効率強化{id:efficiency,lvl:1}
シルクタッチ{id:silk_touch,lvl:1}
耐久力{id:unbreaking,lvl:1}
幸運{id:fortune,lvl:1}
射撃ダメージ増加{id:power,lvl:1}
パンチ{id:punch,lvl:1}
フレイム{id:flame,lvl:1}
無限{id:infinity,lvl:1}
宝釣り{id:luck_of_the_sea,lvl:1}
入れ食い{id:lure,lvl:1}
修繕{id:mending,lvl:1}
消滅の呪い{id:vanishing_curse,lvl:1}
忠誠{id:loyalty,lvl:1}
水生特効{id:impaling,lvl:1}
激流{id:riptide,lvl:1}
召雷{id:channeling,lvl:1}
高速装填{id:quick_charge,lvl:1}
拡散{id:multishot,lvl:1}
貫通{id:piercing,lvl:1}
霊魂疾走{id:soul_speed,lvl:1}

もちろん、”,”(カンマ)で区切れば複数のエンチャントを付与することができます。

例えば

/give @p minecraft:golden_sword{Enchantments:[{id:sweeping,lvl:1},{id:looting,lvl:1}]}

と打てば、範囲ダメージ増加とドロップ増加が付与されている金の剣が付与されます。

今回は2種類のエンチャントが付与されているアイテムを入手するコマンドで紹介しましたが、カンマの数を増やせば3種類、4種類とエンチャントの数を増やせます。

またレベルを調整したい場合は、lvl:1の数字部分を変更すればOKです。
レベル100にしたい場合は”lvl:100”と打てば、レベルが100になります。

このようにエンチャント内容やレベルの調整が楽なので、giveコマンドによるエンチャントされたアイテムを入手する方法がおすすめだと言ったわけですね。

enchantコマンドは既に所持しているアイテムに有効

エンチャントが付与されたアイテムを入手するにはgiveコマンドが最適だと話をしましたが、ではenchantコマンドは何に使えるのかという話になります。

結論を言うと、覚えなくてOKです。

enchantコマンドはメインハンドに持っているアイテムにエンチャントを付与するもので、giveコマンドの時と違い、適正なエンチャントや適切なレベルでないと付与することができません

つまりエンチャントしたいアイテムを手に持っていなければならず、そのエンチャントの能力も通常のサバイバルで入手できるものしか手に入りません。

giveコマンドを使ってエンチャントされたアイテムを手に入れる方法を使えば、まったく同じアイテムを入手することができるので、enchantコマンドを使う必要性はないということですね。

コマンド自体は

/enchant 対象となるプレイヤー 手持ちのアイテムに付与させるエンチャント

と割と簡単なのが強いて挙げられるメリットでしょうか。
ただ、やはりgiveコマンドで充分なので、使い道はほとんどないですね。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • レベル100のダメージ増加のエンチャントが付与された金の剣を手に入れるコマンド
/give @p minecraft:golden_sword{Enchantments:[{id:sharpness,lvl:100}]} 1
ポイント
  • {Enchantments:[{id:エンチャント内容,lvl:数字}]}で付与するエンチャントやレベルを指定することができる。

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!