Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【コマンドでロケット花火】飛翔時間を指定する方法【マイクラ】

【コマンドでロケット花火】飛翔時間を指定する方法【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.18.2)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

コマンドでロケット花火を扱いたいマインクラフター
「ロケット花火を取り出したいんだけど、ロケット花火のアイテムIDって何? 飛翔時間3のものにするにはどうすればいいの?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • ロケット花火のアイテムID
  • 飛翔時間を指定する方法

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事ではロケット花火について、コマンドで扱う場合のお話をしています。

ロケット花火のアイテムIDを紹介するほか、ロケット花火に重要な飛翔時間の設定方法についても記載。

サバイバルモードでは手に入れることのできない飛翔時間を持つロケット花火を、手に入れることもできますよ。

それでは早速見ていきましょう!



ロケット花火のアイテムID

ロケット花火のアイテムIDは”minecraft:firework_rocket”です。

なので、ロケット花火を手に入れるためにgiveコマンドを使う場合は、以下のようにコマンドを打ちこんで実行すれば、ロケット花火を手に入れることができます。

/give @p minecraft:firework_rocket 1

間違えることはそうそうないと思いますが、花火の星というアイテムは”minecraft:firework_star”とロケット花火のアイテムIDとそれなりに似ているので、しっかりと確かめてからコマンドを入力しましょう。

飛翔時間を指定する方法

giveコマンドでロケット花火を手に入れることができましたが、そのロケット花火は飛翔時間がかなり短いものとなっています。

なので、飛翔時間も設定してしまいましょう。
giveコマンドでロケット花火を入手する際に、そのロケット花火の飛翔時間も指定してしまえばOKです。

実際のコマンドはこちら。

/give @p minecraft:firework_rocket{Fireworks:{Flight:3b}}

上記のコマンドを実行することで、飛翔時間3のロケット花火が手に入ります。
3bの箇所が飛翔時間となっているわけですね。

なので、100bと入力すると飛翔時間100のロケット花火が手に入ります。
ちなみに飛翔時間100だと、エリトラで飛ぶことで1000m以上の高さを超えることが可能です。

というわけで、飛翔時間を設定するには、Fireworksという項目にFlightを入れて設定していけば指定することが可能です。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • ロケット花火を手に入れるコマンド
/give @p minecraft:firework_rocket 1
  • 飛翔時間3のロケット花火を手に入れるコマンド
/give @p minecraft:firework_rocket{Fireworks:{Flight:3b}}
ポイント
  • 飛翔時間を設定する際は、FireworksやFlightといった項目を書き記す必要があります。

この記事は以上になります。