Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【解説】コマンドで使う様々な文字の色を変える方法【マイクラ】

【解説】コマンドで使う様々な文字の色を変える方法【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.18.2)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

コマンドを使って文字の色を変えたいマインクラフター
「アイテムの名前の部分や看板の文字の色を変えるにはどうすればいいのかな? チャットに現れる文字の色を変えたりもしたいな!」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 様々な文字の色を変える

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事では、コマンドを使う際に文字の色を変更することについて解説しています。

文字の色というのは、アイテムの名前だったり看板の文字、チャット欄に表示される文字などが該当しますね。

それらの文字を変えるために必要なcolorという文字列とカラーコードについて触れているので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、さっそく見ていきましょう!



様々な文字の色を変える

コマンドで手に入れるアイテムや看板の文字、チャットの文字などはカラーコードを用いることで文字の色を変更することができます。

カラーコードとは色を英数字の組み合わせなどで表現しているものです。
例:#8A2BE2
筆者はカラーコードを入手にする際、以下のサイトを利用しています。
原色大辞典

実際にgiveコマンド、dataコマンド、tellrawコマンドで色を変えた文字を持つアイテムなどを扱ってみます。

  • 名前部分が紫色のアイテムを取り出すgiveコマンド
    (トリップワイヤーフックに「厨房裏の鍵」という名前にし、「厨房裏を開けるための鍵」という説明文をつけた場合)
give @p minecraft:tripwire_hook{display:{Name:'[{"text":"厨房裏の鍵","color":"#8A2BE2"}]',Lore:['[{"text":"厨房裏を開けるための鍵"}]']}} 1
  • オレンジ色の「おためし」という文字に書き換えるdataコマンド
    (看板に対して有効)
/data merge block 看板のある座標 {Text1:'{"text":"\\u304a\\u305f\\u3081\\u3057","color":"#FBB16A"}'}
  • チャット欄に紫色の「おためし」という文字を表示させるtellrawコマンド
/tellraw @a {"text":"\u304a\u305f\u3081\u3057","color":"#F425F6"}

上記のコマンドで共通しているのは、「”color”:”カラーコード”」の表記ですね。
colorという文字列で色の指示を出しており、そのためにカラーコードを入力する必要があります。

giveコマンドに関しては手動で入力する方が簡単ですが、看板の文字やチャット欄の文字に関しては、Minecraft Toolsというサイトを利用した方が非常に簡単にコマンドを書き出せます。

というわけで、色を変える際にはcolorの項目とカラーコードを追記すればOKです。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • 名前部分が紫色のアイテムを取り出すgiveコマンド
    (トリップワイヤーフックに「厨房裏の鍵」という名前にし、「厨房裏を開けるための鍵」という説明文をつけた場合)
give @p minecraft:tripwire_hook{display:{Name:'[{"text":"厨房裏の鍵","color":"#8A2BE2"}]',Lore:['[{"text":"厨房裏を開けるための鍵"}]']}} 1
  • オレンジ色の「おためし」という文字に書き換えるdataコマンド
    (看板に対して有効)
/data merge block 看板のある座標 {Text1:'{"text":"\\u304a\\u305f\\u3081\\u3057","color":"#FBB16A"}'}
  • チャット欄に紫色の「おためし」という文字を表示させるtellrawコマンド
/tellraw @a {"text":"\u304a\u305f\u3081\u3057","color":"#F425F6"}
ポイント
  • 色の指示をするには、colorという項目の追記とカラーコードが必要になります。

この記事は以上になります。