コマンドはマイクラ版のプログラミング!入力方法と種類一覧【Java版】

コマンドはマイクラ版のプログラミング!入力方法と種類一覧【Java版】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

コマンドを触ったことのないマインクラフター
「コマンドって何? どうすれば使えるの? ていうか、どんなことができるの?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • コマンドはマイクラ専用のプログラミング
  • コマンドの使い方
  • コマンド一覧と簡単な説明

こんにちは!
マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

ナツメってこんな人

今回はマイクラの中でも難解なイメージが多いコマンドについて、その内容や使い方、どんなコマンドがあるのかを解説していきます。

コマンドを使ってみたい、勉強したいなんて人は是非とも参考にしてくださいね。

さっそく見ていきましょう!

コマンドはマイクラ専用のプログラミング

コマンドとは何かという問いに対して答えるならば、マイクラ専用のプログラミング要素と思っていただければOKです。

ただ「プログラミング」と言われると、難しそうなんて思う方もいるはず。
そういう方は、「通常のプレイではできないことをできるようにするもの」と考えてもいいと思います。

例えばtpコマンドを使うと、プレイヤーを指定した位置に瞬間移動させることができます。

通常のプレイで瞬間移動しようとすると、エンダーパールやコーラスフルーツを使わないとなりません。

比較的エンダーパールは扱いやすいですが、それでも投擲範囲内にしか瞬間移動できないうえにワープするまでにタイムラグがあります。
なので、不便と言えば不便です。

しかし、tpコマンドならば、好きな位置に瞬間移動でき、タイムラグもありません。
これは「通常プレイではできないことを可能にしてくれる」と言えるんではないでしょうか。

ただしコマンドでも限界はあります。
コマンド単体ではテクスチャなどを変更することはできませんし、コマンドではゲーム内で起こっていることに対してのみ、感知することや変化させることしかできません。

というわけで、「コマンド=通常プレイではできないことを可能にしてくれるプログラミングのようなもの」となります。

コマンドの使い方

コマンドを使うには2種類の方法があります。

  1. コマンドブロックに入力
  2. チャット欄を利用して入力

どちらの方法を使ったとしても、同じ内容のコマンドを入力すれば当然同じ結果になります。
ですが、この2つには明確に使い分ける必要があります。

というのも、チャット欄でコマンドを打つ場合は適宜コマンドを入力する必要があります。
つまり1回のコマンド入力につき、1回の起動ということですね。

一方でコマンドブロックは条件を指定することで繰り返しコマンドを起動させることが可能です。

例えば、「手にダイヤモンドの斧を持っている時は攻撃力上昇のエフェクトを付与させる」といったコマンドをコマンドブロックに入力していた場合、別のアイテムに持ち直したとしても再度ダイヤモンドの斧を手にすれば、攻撃力上昇の恩恵も再び受けられます。

なので、基本的にはコマンドブロックにコマンドを入力して使う方が便利なことが多いです。
チャット欄を使ってコマンドを打つ場合は、すぐさまコマンドを使いたいときくらいですね。

上述した理由以外にも、2つの方法を差別化する理由はあります。
ですが、今は簡単にチャット欄は1回きり。コマンドブロックに入力する場合はコマンドを保存できるといった感じで覚えておけばOKです。

コマンド一覧と簡単な説明

Minecraft ver1.7(Java版)におけるコマンドを全種類紹介しつつ、簡単な説明を入れているのでぜひ参考にしてみてください。

赤文字のコマンドは筆者が脱出マップを作るのによく使うコマンドです。

コマンド名何をするのか
/advancement進捗の付与・剥奪等
/attribute素の体力等を変更できる
/bossbarボスバーの作成・表示等
/clear手持ちのアイテムを消す
/clone指定範囲のブロックを複製するなど
/data指定したブロックやエンティティのデータを得たり、データを新たに付与するなど
/datapackデータパックに関するコマンド
/debug開始してから停止させるまでの使用率や負荷などを測定してファイルに書き起こしてくれる
/defaultgamemodeデフォルトのゲームモードを指定する
/difficulty難易度の変更
/effectエフェクトを発生させるなど
/enchantエンチャントの付与・剥奪
/execute条件分岐などに使用
/experience経験値の付与・剥奪
/fill指定範囲をブロックで埋める
/forceloadチャンクを常に読み込むかどうかの設定が行える
/functionfunctionファイルを参照して、コマンドを起動する
/gamemodeゲームモードの変更
/gameruleゲームルールの変更
/giveアイテムの付与
/helpコマンドに関するヘルプを表示
/itemチェストにアイテムを補充するなど
/kickサーバーから追い出す
/killプレイヤーやエンティティをキルする
/listサーバーのプレイヤーを表示
/locate構造物を探す(ピラミッドなど)
/locatebiomeバイオームを探す
/lootドロップアイテムを参照して、インベントリに仕舞ったりスポーンさせることができる
/meメッセージを送る
/msgメッセージを送る(ささやく)
/particleパーティクルの表示など
/playsound音源を流す
/publishローカルネットワークの開放
/recipeレシピの解除や制限をかける
/reloadワールドフォルダに入っているファイルを読み込み直す
/sayメッセージを送る(サーバー内のプレイヤーに対して)
/schedulefunctionファイルのコマンドを起動するのに遅延したいときに使用
/scoreboardスコアボードの作成・削除等
/seedシード値の確認
/setblock指定した位置にブロックを設置する
/setworldspawn初期スポーン位置を指定する
/spawnpointプレイヤーのスポーン位置を指定する
/spectate指定したプレイヤーやエンティティの見ている光景を見る
/spreadplayers指定した範囲内でランダムにテレポートする
/stopsoundplaysoundで流した音源を止める
/summonエンティティを指定した位置に召喚する
/tagタグの付与や削除などができる
/teamチーム分けなどに使用
/teammsg特定のチームにメッセージを送る
/teleportエンティティをテレポートさせる
/tell特定のプレイヤーにメッセージを送る
/tellrawJSON形式のメッセージを送る
/timeゲーム内時間の変更や確認
/titleタイトルの表示など
/tmチームメンバーにメッセージを送る
/tp指定した座標に瞬間移動させる
/triggerトリガー型のスコアボードに対して、スコアを増やしたり指定した数値にする
/weather天候を操作
/worldborder行くことのできる範囲を指定する
/xp経験値を付与したり削除する

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!