マルチプレイなら『シン・VPS』がおすすめ!

【マイクラ】コマンドで角笛の音色を変更する【item_modifiers】

【マイクラ】コマンドで角笛の音色を変更する【item_modifiers】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.20.4)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

こんにちは!
マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

2016年からマイクラを楽しんでおり、最近はクリエイティブモードでコマンドを駆使して遊んでいます!

この記事では、こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • item_modifiersで簡単に音色を変更できる

角笛には複数の音色が存在しますが、これをコマンドで変更しようとするとitem_modifiersを使用する必要があります。

そのためデータパックを作成する必要がありますが、詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、見ていきましょう!

本記事で紹介するデータパックのサンプルはGitHubにてダウンロードできます。

item_modifiersで簡単に音色を変更できる

角笛の音色はitem_modifiersで簡単に変更することができます。

具体的には、set_instrumentを指示することで指定したタグに含まれる音色から、ランダムに1種類だけが選出され、付与されます。

というわけで、まずはset_instrumentを指示したjsonファイルの中身から見てきましょう。

[
    {
      "function": "minecraft:set_instrument",
      "options": "#minecraft:goat_horns"
    }
  ]

シンプルですね。

functionの部分にはminecraft:set_instrumentを指示します。

optionsでは、タグの指定をして、そのタグに含まれている音色からランダムに選出するようにします。

後述しますがオリジナルのタグを作成することで、決まった音色が付与されるようにするなどといったことも可能です。

jsonファイル内の記述について理解したところで、上記のコードが書かれているjsonファイルを適切な位置に配置すればOKというわけですね。

配置場所は以下の通り。

  • datapack本体
    • data
      • sample
        • item_modifiers
          • 上記のコードを記述したjsonファイル
            (今回はtest.jsonと命名したとします)
    • pack.mcmeta

特別難しいことはありません。

データパックを作成し、適切な位置に格納。
導入して、以下のコマンドを実行すれば音色を変更することが可能です。

/item modify entity @s weapon.mainhand sample:test

メインハンドに持っている角笛に対して有効なコマンドですので、メインハンドに角笛を持った状態で実行しましょう。

特定の音色を指定したい場合

デフォルトで用意されているタグを使用した場合、複数種類からランダムに音色が選ばれます。

そのため、特定の音色に変更することができません。

しかし、自分でタグを作成し、そのタグ内に1種類だけの音色を記述すれば、決まった音色に変更させることができます。

というわけで、以下のようにデータパックを作成します。
(先ほど紹介したものに、タグに関するファイルなどを追加したものです)

  • datapack本体
    • data
      • sample
        • item_modifiers
          • test.json
          • original_tag.json
            (作成したタグを使用するために作成したjsonファイル)
        • tags
          • instruments
            • one_type.json
    • pack.mcmeta

one_type.jsonがタグのファイルですね。
この中に、以下のように記述します。

{
    "values": [
      "minecraft:feel_goat_horn"
    ]
  }

1種類だけを記述すれば、その音色に変更させることが可能です。

記入するIDは【マイクラ】角笛の種類はタグによって分けられている【一覧】で紹介しているので、そちらを参考にしてください。

【マイクラ】角笛の種類はタグによって分けられている【一覧】

また、item_modifiers(set_instrument)で作成したタグを指示する場合には、以下のように記述します。

[
  {
    "function": "minecraft:set_instrument",
    "options": "#sample:one_type"
  }
]

instrumentsというフォルダ名は記載しない点に要注意です。
tagsを括っているフォルダ名とjsonファイルの名前だけでOKになります。

もちろん実行するコマンドも参照するファイルが異なるため、その変更を忘れずに行ってから実行しましょう。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • 角笛の音色をコマンドで変えるには、item_modifiersのset_instrumentで行える。
  • タグを作成することで、特定の音色にだけ変更するようにすることも可能。

この記事は以上になります。

  • 【まとめ】functionコマンドの基本から応用【マイクラ】
  • 【まとめ】カスタムストラクチャーの実装・カスタム方法【マイクラ】
  • 【一覧】夏メの制作物【マップ・データパック配布】