【表現力UP】コマンド1つで額縁を透明する方法2種【Java版】

【表現力UP】コマンド1つで額縁を透明する方法2種【Java版】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

額縁を透明にして違和感をなくしたいマインクラフター
「脱出マップによくある透明な額縁を設置したいんだけど、どうやったらできるの? 透明なテクスチャを用意すればいいのかな?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 取り出す際に透明にする場合
  • 既に出ているものを透明にする場合

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

普段は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

なんとかして額縁のテクスチャだけを消したい!
そんな悩みに困っていませんか?

実はModやテクスチャを入れなくても、バニラのままで額縁を透明にすることはできます。
さらに中身は透明にならずそのままなので、非常に使い勝手が良いです。

かくいう私も自作している脱出マップなどでは主に装飾に役立てています。

記事の前半では、透明な額縁を召喚するコマンドを。
後半では既に設置済みの額縁を透明にするコマンドを紹介します。

この記事を読めば、通常のサバイバルでは作ることのできない装飾を作れるようになりますよ!

取り出す際に透明にする場合

額縁はブロックではないので、setblockコマンドで設置することができません。
では額縁はどのように設置するのかというと、summonコマンドで設置することができます。

なぜsetblockコマンドではなくsummonコマンドで召喚できるのかというと、これは額縁がエンティティとして扱われているからです。

ブロック→setblockコマンド
エンティティ→summonコマンド を使うこととなります。

実際のコマンド

実際のコマンドを見ていきましょう。
以下のコマンドを実行すると、座標が0 0 0の地点に「深紅のキノコ」が額縁に飾られた透明な額縁が召喚されます。

/summon minecraft:item_frame 0 0 0 {Facing:1,Item:{id:"minecraft:crimson_fungus",Count:1b},Invisible:1}

このコマンドを分解してみていきましょう。

まずは「/summon」の部分。
これはエンティティを召喚しますよという意味があります。
なので、額縁に限らずMobや経験値オーブ、防具立てなどを召喚する際にも使用します。

次の「minecraft:item_frame」は召喚するアイテムを指定します。
今回は額縁なので、額縁のID(minecraft:item_frame)が入力されているわけですね。

この部分は候補が表示されるので、その中から選択する方法が簡単です。

そして、召喚するアイテムを指定した次はそのエンティティを召喚する座標を指定します。
これに関しては特に説明は必要ないと思います。

ややこしいのが最後に記入されている{}内の内容。
これはデータタグと呼ばれるもので、召喚するエンティティに様々な設定を施す場所になります。

上述のコマンドでは、「Facing」、「Item」、「Count」、「Invisible」の4つのデータタグを記入しています。

それぞれを簡単に説明すると、

  • Facing→額縁を置く向き
  • Item→飾るアイテム
  • Count→難しいので詳しい説明は割愛。ここも入力しないと上手く召喚されない。
  • Invisible→透明化するかどうか。

となっています。
それぞれ詳しく解説していきます。

Facing(データタグ)

Facingは額縁を召喚する方角を指定します。
書き方としては、

Facing:〇

となります。

〇の部分には0~5の数字を入れます。
この数字の部分が方角を指定しているということになります。
文章では分かりにくいと思いますので、画像を用意しました。

どれも同じ座標にsummonコマンドを使った結果です。
召喚される位置が異なるのはFacingの数字を変えたからで、いずれも内側を向くように召喚されます。

Facingの値方角(向き)
天井
底面
南(south)
北(north)
4東(East)
5西(west)

方角はF3キーを押すことで、確認することができます。
(Facing:○○と英語で書かれている)

Item(データタグ)

Itemの部分には、中に飾るアイテムを指定することができます。
書き方としては

Item:{id:"アイテムのID"

となります。

アイテムのIDは「miencraft:○○」という形で入力しましょう。
候補が出てこないので、コピペしておくなり間違えないように書き込む必要があります。

Count(データタグ)

これに関してはByteとかデータ量に関する話が出てくるので、割愛します。
筆者自身も詳しくは理解していません。

ただ、適切に額縁を召喚するのに必要な項目ですので、とりあえず下記のように書き込んでおけばOKです。

Count:1b

Invisible(データタグ)

このInvisibleこそが、今回やりたいことである透明化に関するデータタグになります。
書き方としては

Invisible:1

となります。
1で透明。0で額縁が見える設定にすることができます。

0に設定することはないと思うので、Invisibleは1と設定するものと覚えておきましょう。

あまりおススメの方法ではない

というわけで、コマンドで召喚する際に額縁に関する設定を説明してきましたが、正直この方法はおすすめできません。

理由は薄々気付いているかと思いますが、コマンドを打ち込むのが面倒だからです。
一か所でも間違えると思った通りに適応されません。
つまり1字1字に気をつけることとなります。これって結構疲れる作業なんです。

だからおすすめしません。
ですが、この方法を覚えておくメリットもあります。

それはコマンドブロックを用いてエンティティを召喚する場合などです。
条件を満たした時に、透明な額縁に入っているアイテムを出現させたい場合はコマンドブロックにまとめて記載する必要があります。

なので、使用頻度としてはそう多くないけど覚えておくと便利な方法となります。
額縁を透明にするのに便利な方法は次の項目でお話していきます。




既に出ているものを透明にする場合

既に額縁にアイテムを飾っている場合でも、コマンドを用いて額縁だけを透明にすることができます。

その方法の手順を記すと以下の通り。

  1. 視点(カーソル)を額縁に合わせる
  2. コマンドを打つ

通常のコマンドでは使わない技法ですが、視点を合わせることが重要になっています。
その理由としては、複雑な文字を打つ必要をなくすためです。

このあたりは実際にやってみた画像で見ていきましょう。
下の画像は視点を合わせて

/data merge entity 

と打ちこんでいる場面です。

entityと打った後にスペースを打つと複雑な文字列があるはずです。
それが出ていればほぼこのコマンドは成功します。

というのも、この複雑な文字列こそが視点の先にあるエンティティを表しているからです。
上記の画像の場合は、額縁ですね。

もし出ていなければ、その対象がエンティティでないか、コマンドにスペルミスがある、視点がずれているなどの原因が考えられます。


余談ですが、額縁を透明にするにはdataコマンドというものを使います。
このコマンドは、ブロックやエンティティなどのデータを追加したり削除するのに用いるものと思えばOKです!

そして、mergeは「併合する」なんて意味です。
なのでデータを追加する際に使います。


複雑な文字列を選んだあとは、どういったデータを追加するのかを打っていきます。
今回は以下の画像の通りに打てばOKです。

{Invisible:1}

{}で囲まれている内容が追加されるデータになります。

この部分に関しては、データタグの項目で先述したものと同じになります。

既に額縁に飾るアイテムなどは存在しているので、Item等のデータタグを記入しなくて大丈夫です。

{}内に書き込める内容はもう少し種類があるのですが、それは今回は省きます。
必要に応じて記事にしていきますので、その時によろしくお願いします。

まとめると、

/data merge entity 複雑な文字列 {Invisible:1}

と打てば額縁を透明にすることができます!

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • 座標X=0、Y=0、Z=0の位置に、透明かつ深紅のキノコが飾られている状態の額縁を出現させる方法
    ※コマンドの打ち間違えが大いにあり得るので非推奨。
    ただし、透明な額縁を出現させるギミックなどには有効的。
/summon minecraft:item_frame 0 0 0 {Facing:1,Item:{id:"minecraft:crimson_fungus",Count:1b},Invisible:1}
  • 視点を額縁に合わせて使うコマンド
    コマンドブロックに打ち込む必要がない場合は、基本的にこちらを使うべき。
/data merge entity 複雑な文字列 {Invisible:1}

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!