【Java版】コマンドを使って経験値を得よう!【4つの使い方を網羅】

【Java版】コマンドを使って経験値を得よう!【4つの使い方を網羅】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

コマンド初心者
「配布マップで紙に答えを書かせるようなギミックを取り入れたいんだけど、経験値を与えるコマンドってどんなコマンド? どんな風に打ち込めばいいのかな?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 経験値を扱うコマンドはexperienceコマンド

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

ナツメってこんな人

今回はレベルや経験値に関するコマンドについて解説していきます!

このコマンドが使えるようになれば、特定のアイテムの名前を変更させて、答えを入力させるギミックなども使えるようになります。
名前変更用の経験値を補充させられるようになります

謎解きや脱出の定番ともいえるギミックともいえるので、是非とも身に付けておきたいコマンドとも言えますね。

というわけで、さっそくどんなコマンドなのか、解説していきます!

経験値を扱うコマンドはexperienceコマンド

経験値を扱うコマンドはexperienceコマンドになります。
experienceが経験を意味する英単語なので、分かりやすいかと思います。

experienceコマンドでは主に4つのことができます。
それが以下の通りになります。

  1. レベル/経験値の付与
  2. レベル/経験値の剥奪
  3. レベル/経験値を特定の数値にする
  4. レベル/経験値の確認

実際にどんなコマンドなのか、見ていきましょう!

レベル/経験値の付与、剥奪

/experience add 対象となるプレイヤー 与える経験値 levels/points

で行えます。
レベル(経験値)を付与するときはプラスの整数剥奪するときはマイナスの整数を入力すればOKです。

ちなみにレベルを扱うときはlevelsを入力します。
pointsを入力した場合は、経験値バーに入力した数値分だけ増やす(減らす)ことになります。

レベル/経験値を特定の数値にする

レベル/経験値を特定の数値にする場合、

/experience set 対象となるプレイヤー 数値 levels/points

と打てばOKです。

levels/pointsの部分に関しては、先ほど説明したものと同様になります。
レベルを指定した数値にするのか、経験値を指定した数値にするのかということですね。

レベル/経験値の確認

レベルや経験値の確認をするには、

/experience query 対象とするプレイヤー levels/points

で確認できます。

確認をするだけで何かを引き起こすコマンドではありません。
成功した場合は、チャット欄に「現在のレベル(経験値)は○○」と表示されます。

使用頻度はかなり少ないですが、一応紹介しました。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • レベル/経験値を増減させるコマンド
/experience add 対象となるプレイヤー 与える経験値 levels/points
  • レベル/経験値を特定の数値にするコマンド
/experience set 対象となるプレイヤー 数値 levels/points
ポイント
  • 経験値を扱うコマンド=experienceコマンドと思えばOK!

この記事は以上になります。







この記事を共有!