Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【誰でも簡単マルチ】ConoHaVPSでサーバーを建てる【マイクラ】

【誰でも簡単マルチ】ConoHaVPSでサーバーを建てる【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.18.2)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

マルチサーバーを借りて友人と遊びたいマインクラフター
「マルチサーバーって色々あるみたいだけど、どれがいいの? おすすめを教えて欲しいな! あと、サーバーの立て方とか友人をワールドに呼ぶ方法とかについても気になるな」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • ConoHa VPSが非常に簡単でおすすめ
  • サーバーの建て方
  • プレイヤーの参加方法

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程です。
今回はConoHaのVPSを実際に契約して使ってみたところ、おすすめできたのでその紹介です。

この記事では、Minecraftのレンタルサーバーで有名なConoHaのVPSについて解説していきます。
ConoHaの公式サイトはこちら

ConoHaがなぜおすすめなのかといった理由や、実際に契約してサーバーを建てる方法、プレイヤーが参加する手順などを画像と共に紹介していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう!



ConoHa VPSが非常に簡単でおすすめ

マイクラを友人などと一緒に複数人で遊びたい場合、サーバーというものが必須になります。

サーバーを用意するためにはいくつか方法があるのですが、基本的にはお金を払ってサーバーを借りてしまうのが1番簡単です。

お金に物言わせて簡単な選択肢を取ってしまった方が、ストレスなくすぐに遊ぶことができますからね。

というわけで、筆者はConoHa VPSをおすすめします。
実際に使ってみたところ、知識がない人でも直感的にサーバー(ワールド)の設定が行えるので、ワールドの管理をすること自体がかなり簡単です。

VPS割引きっぷを使うと最大25%オフの値段で利用することができるのもおすすめポイントです!

例えば、以下の画面はワールドのゲームモードなどを操作できるものです。
(ConoHaのサーバーを契約すると無料で使えるMinecraft managerの一部分になります)

また、指定したプレイヤー以外をサーバーに入れないようにするホワイトリストや、コマンドを使用できるようになる権限者の設定についても同様に直感的に扱えるので、荒らし対策も行いやすいです。

というわけで、使いやすいのが最大のメリットと感じた筆者はConoHa VPSをおすすめします。

サーバーの建て方

では、ここからは実際にConoHaのVPSを利用してサーバーを建てていく方法を解説していきます。

大きく分けて3つの行程が必要です。

  1. ConoHaへの登録
  2. サーバーの契約
  3. サーバーの確認

1:ConoHaへの登録

まずはConoHaへアカウント登録します。
以下のボタンからConoHaの公式ページへ飛べますよ。

ページを移動した後は、真ん中にあるConoHa VPSの今すぐお申込みをクリックすることでアカウント登録のページに移動できます。

アカウント登録画面では氏名、住所、生年月日などの必須項目を入力し、その後は電話/SMS認証を行います。

電話/SMS認証が終わると、その画面のままお支払方法を決めますので、都合の良い支払方法を選択しましょう。
基本的にはクレジットカード払いが簡単かと思います。

クレジットカードを持っていないという方は、ConoHaチャージというものを利用するとコンビニ払いでも決済することが可能となっています。
詳しくはConoHaサポートをどうぞ。

支払方法に問題がない場合は、次に契約するサーバーについて選択していきます。

2:サーバーの契約

基本的な情報を登録し終えると、実際にサーバーを契約する画面になります。

上から見ていきます。

サービス

この部分はMinecraftというタブを選択すればOKです。

VPS割引きっぷ

VPS割引きっぷというのは、長期の契約になればなるほど割引してくれるシステムのことです。
なので、はじめから長期的に友達と遊ぶというのが分かっていれば、その分お得にサーバーを借りられるわけですね。

注意点として、途中解約はできないこと、一括前払いなのでプランによっては相当な金額になることを意識しておきましょう。

また、VPS割引きっぷを利用すると3カ月からのプランしか存在しませんが、利用しない場合は1か月ごとの支払いになります。

さらに詳しいことは公式サイトのVPS割引きっぷに関するページをどうぞ。

GB

ここが1番重要ですね。
どれくらいのパワーを持つサーバーを借りるのかということになります。

サーバーのパワーが低いとマイクラがカクついてしまうといったことが起きてしまいますので、適切なGBを選びましょう。

選び方としては、推奨プレイヤー数が書いてありますので、それに従って選択するのが吉です。
同じ推奨プレイヤー数の場合は、遊び方で安いプラン、高いプランを選ぶと良いかと思います。
トラップをたくさん作ったりすると重くなったりしますので、そういう遊び方をする場合はよりGBが大きいプランの方が安心ですね。

イメージタイプ

この項目では、マルチプレイをするMinecraftの種類を選択します。

要するに統合版かJava版かということですね。
遊ぶ種類に応じて選択しましょう。

そして、root パスワードというものとネームタグを設定していきます。
root パスワードは後々必要となるので、必ずメモしておきましょう。

ネームタグはConoHaで管理する上での名称を決めるだけですので、自分が分かりやすい名前を付けておけば問題ありません。

オプション

オプションを弄る必要性はありません。
なので、特に変更しなくてOKです。


最後に右端の値段や契約内容を確認して問題なければ「次へ」を押して契約完了です。

3:サーバーの確認

実際に契約が完了すると、以下のような画面になります。
なので、ネームタグで入力したものと同じ名前のところをクリックします。

そうすると、そのサーバーの管理画面に移動することができます。
無事に移動できたのならば、次はMinecraft管理という箇所をクリックして、別のウインドウを開きます。

この時に先ほど決めたroot パスワードを入力する必要があるので、しっかりと入力していきましょう。

無事にログイン出来れば、Minecraft managerというページが開けます。
これで、確認も完了です。

Minecraft managerは初めに説明した、サーバー(ワールド)の設定を行えるページのことです。

プレイヤーの参加方法

さて、ようやくマルチプレイで遊べるようになりました。
というわけで、プレイヤーの参加方法について解説していきます。

まずはMinecraftを起動して「マルチプレイ」を選択しましょう。
そうして、「サーバーを追加」を選択します。

すると、以下のような画像が現れます。

サーバー名には自分が判断しやすいように名前を付ければOKです。
そして大事なのが、サーバーアドレスですね。

このサーバーアドレスは、ConoHaで確認します。
具体的には、サーバーの管理ページのネットワーク情報と書かれている場所です。

IPアドレスと書いてありますが、これがサーバーアドレスに入力するものとなっています。

確認したIPアドレスをサーバーアドレスに入力したら、「完了」を押します。
そうして、接続状態のマークが立っていれば無事にサーバーを建てることができていますので、あとはこのワールドに入って遊ぶだけです。

ワールドに入るには、遊びたいサーバーを選択し「サーバーに接続」を押せばOKです。

他の人を招待するときも、IPアドレスを教えて同様の手順を行えば一緒に遊ぶことができるようになります。

この記事は以上になります。