【コマンド限定】通常では手に入らないアイテム6つを紹介!【Java版】

【コマンド限定】通常では手に入らないアイテム5つを紹介!【Java版】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

通常では手に入らないアイテムを知りたいマインクラフター
「コマンドでしか出せないアイテムってどのくらいあるの? どういったものがコマンドでしか出せない?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • コマンドでしか出せないアイテムは6つ

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

普段は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事では、コマンドを使うことでしか入手することのできないアイテムを6つ紹介します!

その6つは基本的にコマンドや内部データを扱うようなアイテムで、通常プレイでは使う必要がないアイテムですね。

ただ、配布マップなどを作る人からしたら必要不可欠ともいえるほど便利なアイテムが多いです。
現に筆者自身も脱出マップに役立てているアイテムばかりです。

はじめにその6つのアイテムを紹介し、その後にそれぞれの簡単な説明と付与するためのコマンドを紹介しています。
それでは、さっそく見ていきましょう!

コマンドでしか出せないアイテムは6つ

コマンドでしか入手できないアイテムは、大きく6つあります。
その内訳としては

  1. コマンドブロック
  2. ストラクチャーブロック
  3. ストラクチャーヴォイド
  4. バリアブロック
  5. デバック棒
  6. ライトブロック

となっています。

コマンドブロックに関しては、通常のコマンドブロック(インパルスコマンドブロック)、チェーンコマンドブロック、リピートコマンドブロックと3種類あるのですが、コマンドブロックは簡単にモードを切り替えることができるので、1種類としてカウントしています。

というわけで、それぞれのアイテムを付与するコマンドと簡単な説明をしていこうと思います。

①コマンドブロック

コマンドブロックを入手したい場合は

/give @p minecraft:command_block

でOKです。

コマンドブロックはコマンドを保存しておくことができるブロックで、赤石信号を受けることでそのコマンドを起動することができます。

そのほかにも常にコマンドを実行するモードがあったりと奥が深いのも特徴です。

コマンドブロックについては以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

【基本を徹底解説】コマンドブロックの種類と設定する項目について【Java版】

②ストラクチャーブロック&③ストラクチャーヴォイド

ストラクチャーブロックとは、一定範囲のブロックをコピーして別の場所に呼び出すことができるブロックです。

要するに建築物をコピペできるブロックですね。
そんなストラクチャーブロックについては、基礎と応用という形で2記事にわたって解説しています。

【Java版】建築物を簡単にコピー!ストラクチャーブロックの使い方【解説】
【Java版】建築物を他のワールドにコピーしよう!【解説・ストラクチャーブロック応用】

ストラクチャーヴォイドはストラクチャーブロックを使う際に使用する専用アイテムになります。
簡単にその役割を説明すると、コピーする際に何もない箇所のブロックを空気として扱うのかどうかといったことを決められます。

そんなストラクチャーブロックを付与するコマンドは

/give @p minecraft:structure_block

ストラクチャーヴォイドを付与したい場合は

/give @p minecraft:structure_void

となっています。

④バリアブロック

バリアブロックを付与するコマンドは

/give @p minecraft:barrier

です。

バリアブロックは文字の如くバリアとして活用できるブロックで、透明かつ当たり判定の存在するブロックです。

詳しい仕様については、以下の記事で解説しています。

【Java版】侵入不可に最適!バリアブロックの特徴と入手方法

⑤デバッグ棒

意外にも知名度が低いのが、デバッグ棒。

このデバッグ棒は一見エンチャントされた木の棒なのですが、このアイテム1つでブロックの状態をいじることのできる便利アイテムです。

この説明だけだと理解が難しいと思うので、過去に書いた記事を参考にしてくださいね。

【Java版】超絶便利アイテム!デバッグ棒でアイテムの見た目を変えよう!【簡単】

デバッグ棒を付与するコマンドは

/give @p minecraft:debug_stick

でOKです。

⑥ライトブロック

最後に紹介するのが、ライトブロック。
聞き馴染みない方が多いかと思いますが、このライトブロックは1.17で追加されたブロックです。

ライトブロックを付与するコマンドは以下の通り。

/give @p minecraft:light

このブロックは光源として使うのが主目的で、その性質は先ほど紹介したバリアブロックに似ています。

詳しくは以下の記事で解説しています!

【徹底解説】ライトブロックの入手方法&使い方【Java版】

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • コマンドブロックを入手するコマンド
/give @p minecraft:command_block
  • ストラクチャーブロックを入手するコマンド
/give @p minecraft:structure_block
  • ストラクチャーヴォイドを入手するコマンド
/give @p minecraft:structure_void
  • バリアブロックを入手するコマンド
/give @p minecraft:barrier
  • デバッグ棒を入手するコマンド
/give @p minecraft:debug_stick
  • ライトブロックを入手するコマンド
/give @p minecraft:light

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!