種類ごとにキルできます!コマンド1つでキルする方法!【Java版】

種類ごとにキルできます!コマンド1つでキルする方法!【Java版】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

モブをコマンドでキルしたいプレイヤー
「ワールド生成したんだけど、羊とかのモブが邪魔! まとめてキルしたいんだけど、どんなコマンドを使えば出来るかな?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • キルしたいときはkillコマンドを使う

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

普段は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

ワールドを作ったのはいいけれど、脱出マップとかに使いたくてモブの存在が邪魔。
そんなことありませんか?

この悩みには、killコマンドが問題解決するのに最適です。
実際、自分もワールド生成時に誤ってモブがスポーンするようにしてしまったときは、killコマンドを使ってプレイヤー以外が存在しなくなるようにしています。

前半ではプレイヤー以外のモブをキルするコマンドを紹介するほか、特定のモブだけをキルするコマンドについても解説します。
また、モブをキルした後、モブが出現しなくなるコマンドについても触れます。

この記事を読めば、うっかりモブに関するワールド生成の設定をミスっても対処できるようになりますよ。

それでは、さっそく見ていきましょう!

キルしたいときはkillコマンドを使う

モブやプレイヤーをキルするには、killコマンドを使います。
「文字の如く」って感じですね。

例えば

/kill

とだけ打つと、そのコマンドを実行したプレイヤーがキルされてしまいます。

これだけだと、ただリスポーンするだけのコマンドです。
ですが、キルする対象を指定することで活用方法が増えます。

キルする対象を指定する際は

/kill キルする対象

となります。

プレイヤー以外をキルする方法

killコマンドをうまく使うとプレイヤー以外のモブを全てキルするといったことが可能です。
そのコマンドは以下の通り。

/kill @e[type=!player]

このコマンドは「@e」ですべてのエンティティを対象にしつつ、[]内でプレイヤー以外を指定しています。

typeの指定時に!を入れることで、「その種類以外」と指定することができます。
今回の場合は !player でしたので、プレイヤー以外のエンティティをキルすることとなりました。

誤ってモブが出現するワールド設定にしてしまった場合は、上記のコマンドですべて解決できます。

特定のモブ(エンティティ)だけをキルしたい場合

特定のモブだけをキルしたい場合は「!」を入力しなければOKです。
例えば羊だけをキルしたい場合は

/kill @e[type=minecraft:sheep]

となります。

この特定のエンティティだけをキルするコマンドは、脱出マップなどコマンドの判定のために召喚した防具立てをキルする際によく使いますね。

モブが出現しなくなるコマンド

上述したコマンドを駆使して、モブをキルすることができたかと思います。
しかし、そのまま放っておけば再びモブはスポーンしてしまいます。

なので、以下のコマンドを使ってモブが自然にスポーンしなくなる世界に変更します。

/gamerule doMobSpawning false

/gameruleはワールドの設定を変えるコマンドで、doMobspawningはモブが自然スポーンするかどうかを決められます。

今回はスポーンさせたくないので、falseを選択したという訳ですね。
もしスポーンさせたくなったら、falseではなくtrueと打てば再びモブがスポーンするようになりますよ。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • プレイヤー以外のエンティティを全てキルするコマンド
/kill @e[type=!player]
  • 特定のモブをキルするコマンド(下記は羊をキルするコマンド)
/kill @e[type=minecraft:sheep]
  • モブが自然にスポーンしなくなるコマンド
/gamerule doMobSpawning false
ポイント
  • キルしたい種類を指定するときは、「type=」で指定することができ、「!」で選択範囲を反転することができる。

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!