【ルール解説】土地を置いて呪文を唱える!メイン・フェイズにできること!

【ルール解説】土地を置いて呪文を唱える!メイン・フェイズにできること!

ルールを勉強中のMTG初心者
「メイン・フェイズって何ができるフェイズなの?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • メイン・フェイズにできることは2つ
  • メイン・フェイズは2つに分かれている
  • メイン・フェイズにステップは存在しない

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

前回に引き続き今回は2つ目のフェイズであるメイン・フェイズについて解説していきます。
前回の記事は【ルール解説】開始フェイズを知ろう!MTGが上手くなるコツも記載!にて解説しているので、読んでいないよなんて方はぜひ読んでくださいね。

メイン・フェイズは自由に行動できるものの、やっていること自体は少ないので理解するのも簡単だと思います。

それでは、さっそく見ていきましょう!

メイン・フェイズにできることは2つ

メインフェイズにできることは大きく分けて2つあります。

それは

  1. 呪文を唱える
  2. 土地のプレイ

の2つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

1、呪文を唱える

呪文を唱えるというのは、手札にあるカードをそのカードのマナ・コストを支払って使うということ。
もっと詳しく見ると、

  • アーティファクト呪文
  • クリーチャー呪文
  • エンチャント呪文
  • プレインズウォーカー呪文
  • ソーサリー呪文

を使うことができます。

これらの呪文は自分のメインフェイズスタックが空である時、かつ優先権を持っている時に唱えられます。

なので、相手ターンのメインフェイズに唱えることはできませんし、何か他の処理をしている時も唱えられません。

余談ではありますが、手札にあるときはそれぞれ○○カードとして扱いますが、唱えている時は○○呪文として扱います。

土地のプレイ

メインフェイズには、土地をプレイすることができます。

土地をプレイする条件としては自分のメインフェイズスタックが空、そしてこのターンにまだ土地をプレイしていないことです。

土地のプレイできる枚数を変更する能力が適用されていれば、その変更された上限枚数に従います。

1ターンに2枚まで土地をプレイできるようになっていれば、その能力通り土地は2枚まで出せるということになります。

この条件を満たしている時に、手札から土地カードを1枚戦場に出すことができます。
戦場に出す際はアンタップしている状態ですが、カードによってはタップ状態で出ることが決められています。これはテキスト欄に書かれているので大丈夫だと思います。

「土地をプレイする」という行為は特殊な処理として定められています。
なので、この処理が打ち消されることもなく、スタックも用いません。

メイン・フェイズは2つに分かれている

メイン・フェイズは2つあります。
戦闘前メイン・フェイズ戦闘後メイン・フェイズですね。

戦闘前メイン・フェイズを第1メイン・フェイズ、戦闘後メイン・フェイズを第2メイン・フェイズということもあります。

このあたりのどう呼ぶかについては個人個人で異なります。
ただ使い分ける意味はほとんどないので、自分とは違う名称を言っていてもメインフェイズの事を指しているんだなと思えばOKです。

開始フェイズを終えて迎えるメイン・フェイズは戦闘前メイン・フェイズになりますが、そのほかのメインフェイズは戦闘後メイン・フェイズとなっています。

505.1a ターンの一番最初のメイン・フェイズだけが戦闘前メイン・フェイズであり、それ以外のメイン・フェイズは戦闘後メイン・フェイズである。戦闘フェイズを飛ばしたあとの2つめのメイン・フェイズや、ターンに追加の戦闘フェイズと追加のメイン・フェイズを得させるような効果によって得られたメイン・フェイズも戦闘後メイン・フェイズである。

出典:マジック総合ルール(和訳 20210202.1 版)

というのも、能力によって追加のメイン・フェイズを得た場合でもそれは戦闘後メイン・フェイズと扱うからです。
追加で得たメイン・フェイズが戦闘前なのか戦闘後なのかを判別できるようにしているということですね。

さて、メイン・フェイズが2つに分かれていても出来ることは変わりません。
単純に攻撃した後にもう一度メイン・フェイズが訪れると思えばOKです。

なので、攻撃して相手の反応を窺ってから行動を起こすなんてことも出来るわけですね。

メイン・フェイズにステップは存在しない

開始フェイズは3つのステップに分けられていましたが、メイン・フェイズにおいてはステップが存在しません。

なので、「○○をしてから◇◇をする」という手順はありません。
メイン・フェイズを迎えて優先権を得ると、呪文を唱えるのもよし、土地をプレイしてもよしと、かなり自由に行動できます。

そうしてお互いに優先権をパスすると、メイン・フェイズの終了となります。
つまり次のフェイズに移行するということですね。

というわけで、必ずしもフェイズはステップに区分けできるわけではありません。
もちろん、ステップに分けなくともルール的に困らないのでそのようになっています。

まとめ

  • メイン・フェイズにできることは、呪文を唱えること、土地のプレイの2つ
  • メイン・フェイズは戦闘前メイン・フェイズと戦闘後メイン・フェイズに分けられる
  • メインフェイズにはステップが存在しないため、お互いに優先権をパスするとメイン・フェイズが終了する

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!