配布マップで遊びたい人へ!導入方法を詳しく解説します!【Java版】

配布マップで遊びたい人へ!導入方法を詳しく解説します!【Java版】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

配布マップで遊びたいマインクラフター
「配布マップってどうやって遊ぶの? セーブデータをいじったりしなくちゃいけないんだよね?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • まずは配布マップのデータを用意する
  • ダウンロードしたファイルからセーブデータを探す
  • マップのデータをsavesに移動させる

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

普段は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

今回は配布マップを遊ぶために、配布マップの導入方法について解説していきます。
配布マップを導入するには、Minecraftのフォルダをいじる必要などがありますが、難しいことは要求されません。

この記事をしっかりと読めば、誰でもできると思います。

ただし、Java版の解説になりますので、統合版などでは方法が異なります。
その点はご了承ください。

それでは、さっそく見ていきましょう!

まずは配布マップのデータを用意する

まずは配布マップのデータを用意しましょう。
配布マップのセーブデータを用意しないことには、何もできません。

というわけで、今回は筆者が制作した脱出マップで話を進めさせてもらいます。
少々宣伝みたくなってしまいますが、許可を取る必要性等を考えた結果自分の作品が1番扱いやすかったので、ご了承ください。

以下のリンクからダウンロードすることができます。

もちろん、「前もって配布マップのデータを用意している」なんて方は、そのファイルで次項の説明を理解してくれて構いません。

とりあえず、まずは遊びたいワールドのセーブデータをダウンロードなどして入手しておきましょうということですね!

ダウンロードしたファイルからセーブデータを探す

手元に配布マップのファイルを用意したら、その中からセーブデータを探します。
もしzipファイルなど解凍する必要のあるファイルだった場合は、きちんと解凍してくださいね。

セーブデータ=遊びたい配布ワールドのデータそのもの

セーブデータを探す理由としては、ダウンロードしたセーブデータをMinecraftのフォルダの中に移動させなければゲームを起動させても認識してくれないからです。

配布マップをダウンロードした際に、セーブデータだけのファイルならば探す必要はありません。
ですが、大抵の場合は注意書きなども同梱されています。

私の配布マップをダウンロードした際は

  1. ワールドのセーブデータ
  2. サムネイル用画像集
  3. Read me(テキストファイル)

の3つが入っています。

なのでセーブデータ以外にファイルなどが混在している場合は、その中から正しくセーブデータを見つけなければなりません。

とはいえ、そんなに難しい事ではありません。

基本的にどれが何のファイルなのか分かりやすいように、製作者さんも用意しています。
マップ名と同じ名前のファイルがあれば、それが大抵配布マップのセーブデータになります。

もし正しくセーブデータを見つけられているのか不安な場合は、1度そのファイルを開き「data」や「datapacks」と書かれているファイルがあるか確認してください。
そういったファイルがあれば、セーブデータのファイルになります。

セーブデータを見つけられれば、次は移動先のフォルダを開いて移動させる作業になります。

マップのデータをsavesに移動させる

無事にセーブデータを見つけられたならば、次はMinecraftのフォルダを開いてその中のsavesというファイルにセーブデータを移動させます。

このsavesというファイルはセーブデータを格納する場所で、開いてみると分かりますが普段遊んでいるワールドのデータも存在します。

今回はゲームを起動させた状態から、そのsavesを開く方法を紹介します。

手順としては以下の通りです。

  1. ワールド選択画面から適当なワールドを選択し「編集」を押す
  2. 「ワールドフォルダーを開く」を押す
  3. 開いたファイルからsavesと表記されている箇所をクリック
  4. 出てきた画面にセーブデータをドラッグ&ドロップ

それぞれ見ていきましょう!

① ワールド選択画面から適当なワールドを選択し「編集」を押す

まずはシングルプレイを押してワールドを選択する画面に移ります。
そして、適当にワールドを選択しましょう。

選択するだけで、そのワールドに入る必要はありません。

選択すると、編集という箇所がクリックできるようになっていると思いますので、それをクリックします。

② 「ワールドフォルダーを開く」を押す

「編集」をクリックすると、そのワールドに関する選択肢が幾つも出ますが、その中から「ワールドフォルダーを開く」をクリックします。

そのほかの部分をいじる必要はありません。

③開いたファイルからsavesと表記されている箇所をクリック

「ワールドフォルダーを開く」をクリックすると、Minecraftとは別にフォルダが開きます。
そのフォルダは選択したワールドのデータが入っているフォルダですので、1つ上の階層に行かなければなりません。

というわけで、下記画像のようにsavesをクリックします。

④出てきた画面にセーブデータをドラッグ&ドロップ

savesを押すと、自分のワールドのデータが羅列されているフォルダの画面になります。
シングルプレイで表示されるワールドと同じ名前のフォルダが並んでいるはずです。

そしてそのフォルダの余白部分に向かって、ダウンロードしてきたセーブデータをドラッグ&ドロップしましょう。
これで導入出来ました。

導入できているか不安だという方はMinecraftのシングルプレイから、ワールドが入っているかどうかを確認しましょう!

フォルダに向かってドラッグ&ドロップすると、そのフォルダに配布マップのセーブデータが入ることになるので、上手く導入できません。
余白部分にドラッグ&ドロップしましょう!

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

まとめ
  1. まずは配布マップのデータをダウンロード
  2. ダウンロードしたら、その中からセーブデータを探す
  3. そのセーブデータをsavesに移動させる

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!