起動型能力は相手ターンにも使えます!【MTG】

起動型能力は相手ターンにも使えます!【MTG】

MTG初心者
「起動型能力って相手ターンにも使えるの? どうやって起動型能力って見分ければいいの?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 起動型能力は相手ターンでも使えます
  • 起動型能力の見分け方

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回は起動型能力が相手ターンにも使えるのかという疑問にお答えしていきます!

遊戯王をプレイしている、していた人からすると、起動型能力もとい起動効果は自分のメインフェイズにしか使えず、若干使いにくい効果だという印象があると思います。

それがMTGではどうなのかということですね。
それでは早速見ていきましょう!

起動型能力は相手ターンでも使えます

MTGにおいては、起動型能力は相手ターンでも使うことができます。
正確には、コストさえ支払うことができれば使うことができるという感じです。

ただし唱えることができるタイミングが限られている場合は、それに従わなくてはならなりません。
これはマジック総合ルールに書かれていますので、起動型能力だからと言って必ずしも相手ターンでも使用できるわけではありません。

602.1b 起動型能力のコロンの後に続く文章が、その能力を起動するときに従わなければならない説明を含んでいる場合がある。そのような文章は、誰が能力を起動できるかを指定したり、いつ能力を起動できるかを制限したり、起動コストの一部を定義したりしている。これらの文章は能力の効果の一部ではない。これは常に機能している。起動型能力の起動指示は、能力の効果の後、一番最後に書かれる。

出典:マジック総合ルール(和訳 20200925.0 版)

先述した通り基本的には自分ターン、相手ターン関係なくコストさえ支払えれば唱えることが可能です。

使用できるタイミングが限られているカード例としては、「悪魔の職工」がいます。

Fiend Artisan / 悪魔の職工 (黒/緑)(黒/緑) クリーチャー — ナイトメア(Nightmare) 悪魔の職工は、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき+1/+1の修整を受ける。 (X)(黒/緑),(T),他のクリーチャー1体を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストがX以下のクリーチャー・カード1枚を探し、戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。 1/1
悪魔の職工

クリーチャー

悪魔の職工は、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき+1/+1の修整を受ける。
(X)(黒/緑),(T),他のクリーチャー1体を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストがX以下のクリーチャー・カード1枚を探し、戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

「この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。」という一文が最後に書かれていますので、この能力はソーサリーと同様のタイミングにしか使えません。

簡単に言うと、相手ターンで使用することはできないということですね。
ソーサリーは自分のメインフェイズかつスタックが空の状態であると使用することができます。

なので一部の例外こそありますが、基本的には相手ターンでもコストさえ支払うことができれば起動型能力を起動することは可能です。

次の項目では、起動型能力の見分け方をお話していきます。

起動型能力の見分け方

起動型能力かどうかを見分けるには、「:(コロン)」がついているかどうか。

「:」の左側にコストが書かれ、右側には能力が書かれています。

602.1. 起動型能力は、コストと効果を持ち、「[コスト]:[効果。][(あるなら)起動指示。]/[Cost]: [Effect.] [Activation instructions (if any).]」という書式で書かれている。

出典:マジック総合ルール(和訳 20200925.0 版)

先ほど例に挙げた「悪魔の職工」の場合、「(X)(黒/緑),(T),他のクリーチャー1体を生け贄に捧げる」の部分がコスト。

「あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが~」と続く文章が効果ということです。

起動型能力には「:」が付いているので、迷うことはないと思います。
起動型能力かどうかを悩んだ際は「:」を探してみてくださいね!

まとめ

  • 起動型能力は、コストさえ支払うことができれば相手ターンでも起動できる。
  • ただし、起動タイミングが限られている場合には、それに従う。
  • 起動型能力を見分けるには、「:」が書かれているかどうか。
    「:」の左側がコスト、右側に効果が書かれている。

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!