出来事を打ち消すには、「否認」で問題ありません!

出来事を打ち消すには、「否認」で問題ありません!

MTGプレイヤー
「出来事を打ち消すのって、クリーチャーじゃない呪文を打ち消す『否認』とかでいいの? でも、クリーチャー呪文としても扱うってこともありえる? 誰か教えて!」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 出来事(当事者)を打ち消すには、適切な打ち消し呪文が必要
  • 打ち消された場合は、墓地に送られる

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回は出来事を打ち消すには「否認」のような非クリーチャーを打ち消す呪文で良いのかということをお話していきます。

出来事(当事者)を打ち消すには、適切な打ち消し呪文が必要

出来事(当事者)を打ち消す場合には、適切な打ち消し呪文が必要です。

具体的には、出来事の場合はインスタントかソーサリー呪文なので、非クリーチャー呪文を打ち消す「否認」など。
当事者カードとして唱えられている場合はクリーチャー呪文なので、「本質の散乱」などのクリーチャー呪文を打ち消すカードが必要になります。

Negate / 否認 (1)(青) インスタント クリーチャーでない呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
Essence Scatter / 本質の散乱 (1)(青) インスタント クリーチャー呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

なので、「厚かましい借り手」が唱えられている場合は「本質の散乱」が有効になります。
「些細な盗み」として唱えられている場合はインスタント呪文なので、「否認」で打ち消すことができるということですね。

Brazen Borrower / 厚かましい借り手 (1)(青)(青) クリーチャー — フェアリー(Faerie) ならず者(Rogue) 瞬速 飛行 厚かましい借り手は、飛行を持つクリーチャーのみをブロックできる。 3/1 Petty Theft / 些細な盗み (1)(青) インスタント — 出来事(Adventure) 対戦相手がコントロールしていて土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
厚かましい借り手

クリーチャー

瞬速 飛行
厚かましい借り手は、飛行を持つクリーチャーのみをブロックできる。


些細な盗み

インスタント — 出来事
対戦相手がコントロールしていて土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。

もちろん、「中和」や「神秘の論争」などの種類を問わず呪文を打ち消すことができる打ち消し呪文であれば、出来事か当事者かは関係なく打ち消すことができます。

打ち消された場合は、墓地に送られる

出来事や当事者が打ち消された場合は、そのカードは墓地に送られます。
これは出来事が唱えられた後に追放されるルールも無視します。

正確には無視するのではなく、出来事を唱えて解決する必要性があるので、打ち消されて解決できなかった場合は通常の呪文が打ち消されて墓地に送られるのと同様に、出来事を持つカードも墓地に行ってしまうのです。

701.5a 呪文や能力を打ち消すということは、それを取り消し、スタックから取り除くということである。打ち消された呪文や能力は解決されず、効果は一切発生しない。打ち消された呪文はオーナーの墓地に置かれる。

出典:マジック総合ルール(和訳 20210202.1 版)

なので、出来事を唱えたあとに追放領域からクリーチャー呪文として唱えることも出来なくなります。

先ほど例を挙げた「厚かましい借り手」でいうと、「些細な盗み」として唱えたあとに「厚かましい借り手」として唱えられないということになります。
(「些細な盗み」が打ち消された時点で墓地に送られてしまうため)

出来事として唱えたら必ず追放されるわけではないので、気をつけましょう!

まとめ

  • 出来事を打ち消すのは「否認」などの非クリーチャー呪文を打ち消すもの
  • 当事者を打ち消すのは「本質の散乱」などのクリーチャー呪文を打ち消すもの
  • 出来事が打ち消された場合は墓地に送られるため、追放領域から当事者として唱えることができなくなる。

この記事は以上になります。







関連記事

ウィザーズ・オブ・ザ・コーストMTG マジック:ザ・ギャザリング エルドレインの王権 ブースターパック 日本語版 36パック入り (BOX)

この記事を共有!