【MTG初心者向け】出来事ってどう使うの?解説します!

【MTG初心者向け】出来事ってどう使うの?解説します!

MTG初心者
「新しく手に入れた『砕骨の巨人』ってカードはなんかテキスト欄が半分に別れているんだけど、これってどうやって使うの? 出来事って書いてある方にはインスタントって書いてあるし、どういうこと?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 出来事を持つカードは2種類の呪文として使える
  • 出来事として使った場合は、追放される

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回はエルドレインの王権で登場した、当事者カードもとい「出来事」について解説していきます!
さっそく見ていきましょう!

出来事を持つカードは2種類の呪文として使える

出来事を持つカードはクリーチャー呪文としてか、インスタントもしくはソーサリー呪文として唱えることが可能です。
つまり、1枚のカードでありながら2種類の使い方が存在します。

「砕骨の巨人」を例に見ると、クリーチャーとしては「砕骨の巨人」ですが、「踏みつけ」というインスタント呪文も兼ね備えています。

Bonecrusher Giant / 砕骨の巨人 (2)(赤) クリーチャー — 巨人(Giant) 砕骨の巨人が呪文の対象になるたび、砕骨の巨人はその呪文のコントローラーに2点のダメージを与える。 4/3 Stomp / 踏みつけ (1)(赤) インスタント — 出来事(Adventure) このターン、ダメージは軽減できない。クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。踏みつけはそれに2点のダメージを与える。
砕骨の巨人

クリーチャー

砕骨の巨人が呪文の対象になるたび、砕骨の巨人はその呪文のコントローラーに2点のダメージを与える。


踏みつけ

インスタント — 出来事
このターン、ダメージは軽減できない。クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。踏みつけはそれに2点のダメージを与える。

テキスト欄の左半分が出来事としての性質になります。
(「砕骨の巨人」の場合は「踏みつけ」が当てはまります)
そのほかはクリーチャーとしての能力ですね。

なので「砕骨の巨人」として見る場合は、3マナ4/3のクリーチャーで、呪文の対象になるとそのプレイヤーに2点与える能力を持っています。

そして、出来事である「踏みつけ」はインスタント呪文でクリーチャーかプレインズウォーカー、プレイヤーに2点与えることのできるカードになります。

このように2種類の使い方があるのが特徴です。

扱いは通常の呪文と同じ

インスタントもしくはソーサリー呪文の方は「出来事と呼ばれ、出来事を持っているクリーチャーカードの事を「当事者と呼びます。

出来事も当事者もどちらも手札にあるときにマナ・コストを支払うことで使用することができます。
つまりは、普通のカードと扱い方はなんら変わらないということです。

なので、唱えられるタイミングなども従来のカードと同じになります。
インスタントは相手ターンでも使えますし、ソーサリーはスタックが空の状態でないと使えません。

通常のカードと異なる点は、クリーチャー呪文として唱えるか、インスタント呪文(ソーサリー呪文)として唱えるかを選べる点ということになりますね。。

715.3. プレイヤーは、自分が当事者カードを唱えるに際して、そのカードを通常通り唱えるか出来事として唱えるかを選ぶ。

出典:マジック総合ルール(和訳 20210202.1 版)

なので、当事者(出来事)は2種類の使い方があり、通常の呪文と扱いは変わらないと覚えておけばOKです。

出来事として使った場合は、追放される

出来事として呪文を唱えると、そのカードは追放されてしまいます。
これは重い制約というわけではなく、追放領域からクリーチャー呪文として唱えられるルールなのです。

715.3d 出来事として唱えた呪文を解決して墓地に置く代わりに、そのコントローラーはそれを追放する。そのカードが追放され続けている限り、そのプレイヤーはそれを唱えてもよい。その場合、出来事として唱えることはできないが、それを唱えてもよいとする別の効果によっては、出来事として唱えることができうる。

出典:マジック総合ルール(和訳 20210202.1 版)

ただし、出来事として唱えて追放された後、再び出来事として唱えることは基本的にできません。

先ほどの「砕骨の巨人」で例えると、「踏みつけ」を使った後には追放されて、再び「踏みつけ」として唱えることはできないけれど、「砕骨の巨人」として戦場に出すことは可能、ということになりますね。

注意点としては、出来事のルールとして追放されないと当事者カードとして唱えられないこと。

どういうことかというと、打ち消し呪文の中には、打ち消した後にその呪文を追放するカードが存在します。(雲散霧消など)
ですが、そのように別のカードの能力で追放される場合は、当事者(クリーチャー呪文)として唱えることはできません。

同じ追放された結果にはなりますが、ただ追放されればよいという訳ではありませんので気をつけましょう!

まとめ

  • 出来事を持つカードは、当事者カードと呼ばれる。
  • 当事者カードは唱える際にクリーチャーとしてかインスタント(ソーサリー)呪文として選ぶことができる。
  • 出来事として唱えた場合は追放され、その後当事者カードとして唱えることができる。

この記事は以上になります。







関連記事

ウィザーズ・オブ・ザ・コーストMTG マジック:ザ・ギャザリング エルドレインの王権 ブースターパック 日本語版 36パック入り (BOX)

この記事を共有!