無色=アーティファクト?アーティファクトについて解説!【MTGを始めたい】

無色のカードはアーティファクト?アーティファクトについて解説!【MTGを始めたい】

MTGを始めたい人
「アーティファクトってなに? どうやって使うのか教えて欲しいな」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • アーティファクトは無色のカードが多い
  • アーティファクトにはクリーチャーも存在する
  • アーティファクトは戦場に出して使う
  • カードアーティファクトの種類

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回はアーティファクトについて解説していきます!

アーティファクトは無色のカードが多い

アーティファクトには無色のカードが多いです。
これに明確な理由は存在しませんが、アーティファクトに無機質な物体のイメージがあるからだと思われます。

Soul-Guide Lantern / 魂標ランタン (1) アーティファクト 魂標ランタンが戦場に出たとき、墓地からカード1枚を対象とし、それを追放する。 (T),魂標ランタンを生け贄に捧げる:各対戦相手の墓地を追放する。 (1),(T),魂標ランタンを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。
Arcane Signet / 秘儀の印鑑 (2) アーティファクト (T):あなたの統率者の固有色のうち1色の色のマナ1点を加える。

ただし、有色のカードも存在します。
「真夜中の時計」や「グレートヘンジ」などが当てはまりますね。

Midnight Clock / 真夜中の時計 (2)(青) アーティファクト (T):(青)を加える。 (2)(青):真夜中の時計の上に時刻(hour)カウンターを1個置く。 各アップキープの開始時に、真夜中の時計の上に時刻カウンターを1個置く。 真夜中の時計の上に12個目の時刻カウンターが置かれたとき、あなたの手札と墓地をあなたのライブラリーに加えて切り直し、その後カードを7枚引く。真夜中の時計を追放する。
The Great Henge / グレートヘンジ (7)(緑)(緑) 伝説のアーティファクト この呪文を唱えるためのコストは(X)少なくなる。Xは、あなたがコントロールしているクリーチャーの中のパワーの最大値に等しい。 (T):(緑)(緑)を加える。あなたは2点のライフを得る。 トークンでないクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、それの上に+1/+1カウンターを1個置き、カードを1枚引く。

なので、アーティファクト=無色という訳ではありません。
無色と比べると少ないですが、有色にもアーティファクトは存在します。

アーティファクトにはクリーチャーも存在する

アーティファクトの中には、クリーチャーも存在します。
どういうことなのかというと、クリーチャーでありながらアーティファクトとしても扱うといったイメージです。

具体的な例を出すと、「真面目な身代わり」が存在します。

Solemn Simulacrum / 真面目な身代わり (4) アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem) 真面目な身代わりが戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから基本土地カード1枚を探し、タップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。 真面目な身代わりが死亡したとき、あなたはカードを1枚引いてもよい。 2/2
真面目な身代わり

アーティファクト・クリーチャー

真面目な身代わりが戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから基本土地カード1枚を探し、タップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。 真面目な身代わりが死亡したとき、あなたはカードを1枚引いてもよい。

このカードを使う際は、クリーチャー呪文として唱え、手札から戦場に出します。
要するにクリーチャーと同じ扱いですね。

ただし、アーティファクトとしても扱うので「萎れ」の対象になり破壊されてしまいます。

Wilt / 萎れ (1)(緑) インスタント アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。 サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
萎れ

インスタント

アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。
サイクリング(2)

アーティファクトは戦場に出して使うカード

先ほど紹介したアーティファクト・クリーチャーは戦場に出して使うと説明しましたが、そもそもアーティファクトそのものが戦場に出して使うカードになります。

また、唱えられるタイミングはクリーチャーやソーサリーと同じです。

301.1. 優先権を持つプレイヤーは、自分のメイン・フェイズで、スタックが空の間、アーティファクト・カードを手札から唱えることができる。アーティファクトを呪文として唱える場合、スタックを用いる。rule 601〔呪文を唱えること〕参照。

301.2. アーティファクト・呪文が解決されたら、それのコントローラーはそれを自分のコントロール下で戦場に出す。

出典:マジック総合ルール(和訳 20210202.1 版)

エンチャント同様、戦場にあることで能力を発揮し続けるカードが多いのもアーティファクトの特徴とも言えますね。

アーティファクトの種類

アーティファクトには、サブタイプに機体装備品といった特殊なものがあります。
これらに関しては下記の記事にて解説しているので、適宜参考にしてもらえればと思います。

まとめ

  • アーティファクトには無色のカードが多い
    →有色のカードがないわけではない
  • アーティファクトは戦場に出して使う
  • アーティファクト・クリーチャーはクリーチャーとして機能する
  • アーティファクトの中には、機体や装備品といった特殊な処理をするカードもある

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!