統率者戦のデッキ構築講座【固有色編】

統率者戦のデッキ構築講座【固有色編】

統率者戦用のデッキを組みたいMTGプレイヤー
「固有色については分かったけど、多色のカードや混成マナってどういう扱いなの? それに、土地カードにも複数の色を出す土地も多くあるよね。そういったカードも固有色を守らなきゃダメ?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 多色のカードは固有色を全て守る必要がある
  • 混成マナは、どちらの色も固有色でなくてはならない
  • カードを採用する際は、テキスト欄も考慮する必要がある
  • 土地も同様に固有色を守る必要がある

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回の話頭は統率者戦のデッキ構築。
特に固有色について焦点を当てていきます。

統率者戦のおおまかなルールや固有色の説明は、統率者戦で遊びたい人必見!基本的なルールを解説します!にて解説していますので、この記事を読んでくれていると今回の記事は分かりやすいかと思います。

また、この記事では緑と青の固有色を持つ「星界の大蛇、コーマ」を統率者にした場合でお話を進めていきますので、よろしくお願いします。

Koma, Cosmos Serpent / 星界の大蛇、コーマ (3)(緑)(緑)(青)(青) 伝説のクリーチャー — 海蛇(Serpent) この呪文は打ち消されない。 各アップキープの開始時に、《コーマの分体/Koma's Coil》という名前の青の3/3の海蛇(Serpent)クリーチャー・トークン1体を生成する。 他の海蛇1体を生け贄に捧げる:以下から1つを選ぶ。 ・パーマネント1つを対象とする。それをタップする。このターン、それの起動型能力は起動できない。 ・ターン終了時まで、星界の大蛇、コーマは破壊不能を得る。 6/6
星界の大蛇、コーマ

伝説のクリーチャー

この呪文は打ち消されない。
各アップキープの開始時に、《コーマの分体》という名前の青の3/3の海蛇クリーチャー・トークン1体を生成する。
他の海蛇1体を生け贄に捧げる:以下から1つを選ぶ。
・パーマネント1つを対象とする。それをタップする。このターン、それの起動型能力は起動できない。
・ターン終了時まで、星界の大蛇、コーマは破壊不能を得る。

それではさっそく見ていきましょう!

多色のカードは固有色を全て守る必要がある

多色のカードを採用する場合は、そのカードが持つ色はすべて固有色である必要があります。
「星界の大蛇、コーマ」の場合は固有色が緑と青なので、それ以外の色を持つ多色のカードはNGということです。

例えば、「山火事の精霊」は緑と赤という多色を持つカードになります。
なので、コーマを統率者にした場合は赤が固有色でないので「山火事の精霊」を使用することができません。

Brushfire Elemental / 山火事の精霊 (赤)(緑) クリーチャー — エレメンタル(Elemental) 速攻 山火事の精霊は、パワーが2以下のクリーチャーによってはブロックされない。 上陸 ― 土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、ターン終了時まで、山火事の精霊は+2/+2の修整を受ける。 1/1
山火事の精霊

クリーチャー

速攻
山火事の精霊は、パワーが2以下のクリーチャーによってはブロックされない。
上陸 ― 土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、ターン終了時まで、山火事の精霊は+2/+2の修整を受ける。

つまり、多色のカードの場合は緑と青のカードならばOKです。

3色の固有色を持つカードの場合

3色の固有色を持つ「コルヴォルド」を統率者にした場合は、固有色が赤と緑と黒の3つ
使用できる多色のカードとしては、緑赤、赤黒、黒緑といった組み合わせが存在します。

Korvold, Fae-Cursed King / フェイに呪われた王、コルヴォルド (2)(黒)(赤)(緑) 伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon) 貴族(Noble) 飛行 フェイに呪われた王、コルヴォルドが戦場に出るか攻撃するたび、他のパーマネント1つを生け贄に捧げる。 あなたがパーマネント1つを生け贄に捧げるたび、フェイに呪われた王、コルヴォルドの上に+1/+1カウンターを1個置き、カードを1枚引く。 4/4
フェイに呪われた王、コルヴォルド

伝説のクリーチャー

飛行
フェイに呪われた王、コルヴォルドが戦場に出るか攻撃するたび、他のパーマネント1つを生け贄に捧げる。
あなたがパーマネント1つを生け贄に捧げるたび、フェイに呪われた王、コルヴォルドの上に+1/+1カウンターを1個置き、カードを1枚引く。

要するに多色であればあるほど、使えるカードが増えるということですね。
当然4色の固有色を持つ統率者ならば、3色の固有色を持つ統率者以上に選択肢が増えるということになります。


まとめると「固有色でない色を含むカードは採用してはならない」ということになります。

混成マナは、どちらの色も固有色でなくてはならない

さて、多色の次は混成マナを持つカードについて。
多色のカードは、1つのマナに1つの色を持つマナシンボルが複数種類存在するカードの事でした。
しかし、混成マナは1つのマナに2色の色が存在しているマナシンボルになります。

すると、混成マナはどちらの色で扱えばいいのか悩むことかと思います。
答えとしては、どちらの色も固有色であれば使うことができるになります。

今回は青と白の混成マナを持つ「秘儀術師のフクロウ」を例に挙げていきます。

Arcanist's Owl / 秘儀術師のフクロウ (白/青)(白/青)(白/青)(白/青) アーティファクト クリーチャー — 鳥(Bird) 飛行 秘儀術師のフクロウが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。あなたはその中からアーティファクトかエンチャントであるカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。 3/3
秘儀術師のフクロウ

アーティファクト クリーチャー

飛行
秘儀術師のフクロウが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。あなたはその中からアーティファクトかエンチャントであるカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

「星界の大蛇、コーマ」の固有色は緑と青なので、青と白の混成マナは半分合っているし半分違うことになります。

なので、コーマを統率者にした場合は、「秘儀術師のフクロウ」を採用できません。
もちろん、緑と青の混成マナを持つカードならば採用することができますので、「雷声のカミツキガメ」ならば採用することができます。

Thunderous Snapper / 雷声のカミツキガメ (緑/青)(緑/青)(緑/青)(緑/青) クリーチャー — 海亀(Turtle) ハイドラ(Hydra) あなたが、点数で見たマナ・コストが5以上の呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。 4/4
雷声のカミツキガメ

クリーチャー

あなたが、点数で見たマナ・コストが5以上の呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。

混成マナは両方の色が固有色でないと採用することができません。

カードを採用する際は、テキスト欄も考慮する必要がある

うっかり忘れやすいのが、テキスト欄のマナシンボル

具体的に言うと、「ブロコスの神話」は緑のカードですが、テキスト欄に青マナと黒マナのマナシンボルが書かれているので、固有色としては緑、青、黒の3つになります。

Mythos of Brokkos / ブロコスの神話 (2)(緑)(緑) ソーサリー この呪文を唱えるために(青)(黒)が支払われていたなら、あなたのライブラリーからカード1枚を探し、あなたの墓地に置き、その後あなたのライブラリーを切り直す。 あなたの墓地からパーマネント・カード最大2枚をあなたの手札に戻す。
ブロコスの神話

ソーサリー

この呪文を唱えるために(青)(黒)が支払われていたなら、あなたのライブラリーからカード1枚を探し、あなたの墓地に置き、その後あなたのライブラリーを切り直す。 あなたの墓地からパーマネント・カード最大2枚をあなたの手札に戻す。

なので、コーマを統率者にした場合には、「ブロコスの神話」を使用することができません。
使用できない理由は多色のカードの時と同様です。

固有色以外の色を持つカードは使用できないということです。
忘れやすいので気をつけましょう。

土地も同様に固有色を守る必要がある

最後に紹介するのが、土地に関して。
特に複数色のマナを生成できる土地カードについてです。

「ケトリアのトライオーム」は赤、緑、青の3色のマナを生成できる優良な土地ですが、コーマを統率者にしていると、赤マナが固有色に一致しません。

なので、コーマを統率者にしていると「ケトリアのトライオーム」は使用できません。

Ketria Triome / ケトリアのトライオーム 土地 — 森(Forest) 島(Island) 山(Mountain) ((T):(緑)か(青)か(赤)を加える。) ケトリアのトライオームはタップ状態で戦場に出る。 サイクリング(3)((3),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
ケトリアのトライオーム

土地 — 森・島・山

((T):(緑)か(青)か(赤)を加える。)
ケトリアのトライオームはタップ状態で戦場に出る。
サイクリング(3)

つまるところ、2色の固有色しか持たない統率者の場合はトライオームが使用できないということですね。

もちろん、2色を生成する土地ならば採用できます。

まとめ

  • 多色のカードの場合、すべての色が固有色である必要がある。
    (固有色でない色が含まれてはいけない)
  • 混成マナを持つカードは、その両方が固有色でなければならない。
  • テキスト欄のマナシンボルに固有色でない色が含まれては使用することができない。
  • 土地カードも固有色を守る必要がある。

この記事は以上になります。







関連記事

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト MTG マジック:ザ・ギャザリング カルドハイム 統率者デッキ 日本語版 A

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト MTG マジック:ザ・ギャザリング カルドハイム 統率者デッキ 日本語版 B

この記事を共有!