対戦前の準備をしよう!【MTGを始めたい】

対戦前の準備をしよう!【MTGを始めたい】

MTG初心者
「デッキも用意したし、サプライも充実させた! さっそく対戦したいんだけど、どうすればいいの?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 対戦を始める前の準備

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回はデッキの用意ができた人に向けて、対戦前の準備についてお話していきます!
具体的には、対戦前の手順についてですね。

さっそく見ていきましょう!

対戦を始める前の準備

これはパスタを作る前の準備

対戦を始める前に、やらなければならない簡単な手順が5つほどあります。
その5つとは以下の通りです。

  1. 挨拶
  2. 先攻後攻を決める
  3. デッキのシャッフル
  4. 手札の用意、確認
  5. マリガン

1番上から説明していきますね。

挨拶

挨拶は対戦相手に「よろしくお願いします」と丁寧な姿勢を見せることが目的です。
これはスポーツと同じですね。

もちろん、仲の良い友人などとは堅苦しくやる必要はありません。

先攻後攻を決める

MTGは順番に行動するゲームなので、どちらが先に行動できるのかを決めなくてはなりません
これはランダム性があれば、どんな決め方でも大丈夫です。

手軽なのはじゃんけんでしょうか。
そのほかにはコインの裏表、ダイス(サイコロ)を振ってその数値を比べるなどです。

デッキのシャッフル

デッキをシャッフルして、順番をばらします。
シャッフル後に対戦相手にカットをしてもらうと、より公平な対戦が行えます。

カットとは、デッキを複数の山に分けて適当な順番に並び変えることです。
方法は様々存在しますが、どれも積み込み(イカサマ)を防止することが目的になります。

手札の用意、確認

デッキをカットしてもらったら、それを裏向きに置いて7枚のカードを引きます。
この7枚が手札となります。
(対戦相手に見えないように持つ)

置く場所に関しては特に指定がありませんが、自分から見て右下あたりに置くことがほとんどです。
カードを引いたり、ライブラリー(デッキ)の中から特定のカードを探したりするので、邪魔にならず手に取りやすい位置が良いですね。

マリガン

7枚引いたカードが初めの手札になるのですが、時にはその手札の内容に納得がいかないこともあるはずです。

というのも、土地だらけの手札では戦えず、逆に土地カードがないとマナを生成することができずクリーチャーなどが出せません。

そこでマリガンという行為を行えます。
マリガンとは、手札を交換する事を指します。

マリガンには様々な種類の方法が存在しますが、2021年3月現在のMTGのルールでは以下のように決められています。

  1. 先攻のプレイヤー(開始プレイヤー)がマリガンを行うかどうか決める
  2. その後、後攻のプレイヤーがマリガンを行うかどうか決める
  3. マリガンを行うことにしたプレイヤーが手札を全てライブラリーに加えてシャッフルし、再び7枚引く
  4. ①に戻り、マリガンをするかどうかを決める(マリガンを行ったプレイヤーのみ)
  5. マリガンをしないことを選んだプレイヤーは、マリガンを行った回数と同じ枚数のカードを手札からライブラリーの1番下に戻す(戻すカードの順番は決められる)

余談ではありますが、手札が0枚以下になる回数のマリガンはすることはできません。

このマリガンがお互いに終われば、開始プレイヤーからゲームが始まります。
それに関しては別の記事でお話するので、そちらを参考にしてくださいね。

まとめ

  • 対戦の始め方は挨拶、先攻後攻を決める、デッキのシャッフル、手札の用意、マリガンをすること

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!