英雄譚は毎ターン異なる能力を発揮する!英雄譚の使い方を解説【MTG】

英雄譚は毎ターン異なる能力を発揮する!英雄譚の使い方を解説【MTG】

MTGプレイヤー
「英雄譚って書かれているエンチャントを手に入れたけど、能力が複数書かれている。伝承カウンターが加わっていくのは書かれているからわかるけど、そもそも伝承カウンターって何?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 英雄譚は毎ターン違う能力を誘発する
  • 伝承カウンターはただの目印
  • 戦場を離れればカウンターはまた1から数える

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回はエンチャントの1つである英雄譚についてお話していきます!

英雄譚は毎ターン違う能力を誘発する

英雄譚とは、毎ターン異なる能力を誘発するエンチャントになります。
具体的に言うと、伝承カウンターと呼ばれるカウンターが毎ターン増えていき、それの数に応じて能力が誘発するといった具合です。

誘発される能力はローマ数字で表されており、ここの数字が伝承カウンターと同じものを誘発するということですね。
また、章能力と呼ばれる誘発型能力を示すキーワード能力でもあります。

例えば、「メレティス誕生」の場合は戦場に出た際に伝承カウンターが1つ加わるので、即座に基本土地である「平野」をサーチできます。

The Birth of Meletis / メレティス誕生 (1)(白) エンチャント — 英雄譚(Saga) (この英雄譚(Saga)が出た際とあなたのドロー・ステップの後に、伝承(lore)カウンターを1個加える。IIIの後に、生け贄に捧げる。) I ― あなたのライブラリーから基本平地(Plains)カード1枚を探し、公開し、あなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。 II ― 防衛を持つ無色の0/4の壁(Wall)アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。 III ― あなたは2点のライフを得る。
メレティス誕生

エンチャント — 英雄譚

I ― あなたのライブラリーから基本平地カード1枚を探し、公開し、あなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
II ― 防衛を持つ無色の0/4の壁アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
III ― あなたは2点のライフを得る。

その次のターンの、戦闘前メイン・フェイズが開始する際に伝承カウンターが1つ加わるので、2つ目の能力が誘発されて壁トークンが生成されます。
その次のターンも同様ですので、3つ目のカウンターが乗った時にライフを2回復します。

そして、英雄譚は最後の能力を誘発すると生け贄に捧げられます。
上記の「メレティス誕生」の場合は3つまでしか能力がないため、ライフ回復をした後は墓地に送られてしまいます。

因みに余談ではありますが、「生け贄に捧げる」なので、「フェイに呪われた王、コルヴォルド」の能力が誘発されます。

Korvold, Fae-Cursed King / フェイに呪われた王、コルヴォルド (2)(黒)(赤)(緑) 伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon) 貴族(Noble) 飛行 フェイに呪われた王、コルヴォルドが戦場に出るか攻撃するたび、他のパーマネント1つを生け贄に捧げる。 あなたがパーマネント1つを生け贄に捧げるたび、フェイに呪われた王、コルヴォルドの上に+1/+1カウンターを1個置き、カードを1枚引く。 4/4
フェイに呪われた王、コルヴォルド

伝説のクリーチャー

飛行
フェイに呪われた王、コルヴォルドが戦場に出るか攻撃するたび、他のパーマネント1つを生け贄に捧げる。
あなたがパーマネント1つを生け贄に捧げるたび、フェイに呪われた王、コルヴォルドの上に+1/+1カウンターを1個置き、カードを1枚引く。

英雄譚の大まかな説明は以上です。
毎ターン異なる能力を誘発するということを覚えておけば、とりあえずOKです!

伝承カウンターはただの目印

そもそも「伝承カウンターとはなんぞや?」というお話ですが、結局はただのカウンターです。
どれだけのターンが経過したのかをはかるためのカウンター。

なので、伝承カウンター自体に何か能力があるという訳ではありません。
あくまでも、伝承カウンターの数に応じて能力が誘発しているだけです。

また、伝承カウンターが乗る行程はスタックに乗りません。
要するにカウンターを加える行為に対して、呪文を唱えることは出来ません。

714.3b プレイヤーの戦闘前メイン・フェイズが開始するに際し、そのプレイヤーは自分がコントロールしている各英雄譚の上にそれぞれ伝承カウンターを1個置く。このターン起因処理はスタックを使わない。

出典:マジック総合ルール(和訳 20200925.0 版)

伝承カウンター自体には能力はありませんので、気をつけましょう!
実際の対戦ではサイコロを使うと分かりやすいですよ。

戦場を離れればカウンターはまた1から数える

英雄譚の使い方の1つに、ブリンクと合わせて使うやり方があります。
ブリンクとは、1度戦場から追放してその後戦場に戻す能力の俗称ですね。

なぜ戦場から1度追放してからわざわざ戦場に戻すのか。
これは伝承カウンターを1から乗せ直すために行います。

戦場を離れた英雄譚は、カウンターが0になります。

122.2. オブジェクト上のカウンターは、そのオブジェクトがある領域から他の領域に移動した場合には保持されない。これらのカウンターは「取り除かれた/removed」のではなく、単に消滅するだけである。rule 400.7 参照。

出典:マジック総合ルール(和訳 20200925.0 版)

このブリンク能力を持つ代表格と言えば、「空を放浪するもの、ヨーリオン」が挙げられます。

Yorion, Sky Nomad / 空を放浪するもの、ヨーリオン (3)(白/青)(白/青) 伝説のクリーチャー — 鳥(Bird) 海蛇(Serpent) 相棒 ― あなたの開始時のデッキに、カードが、デッキの最小サイズよりも少なくとも20枚多く入っていること。(このカードがあなたの選んだ相棒であるなら、あなたがソーサリーを唱えられるときならいつでも、(3)を支払うことでゲームの外部からそれをあなたの手札に加えてもよい。) 飛行 空を放浪するもの、ヨーリオンが戦場に出たとき、他の、あなたがオーナーであってあなたがコントロールしていて土地でない、望む数のパーマネントを追放する。次の終了ステップの開始時に、それらのカードを戦場に戻す。 4/5
空を放浪するもの、ヨーリオン

伝説のクリーチャー

相棒 ― あなたの開始時のデッキに、カードが、デッキの最小サイズよりも少なくとも20枚多く入っていること。

飛行
空を放浪するもの、ヨーリオンが戦場に出たとき、他の、あなたがオーナーであってあなたがコントロールしていて土地でない、望む数のパーマネントを追放する。次の終了ステップの開始時に、それらのカードを戦場に戻す。

なのでヨーリオンを戦場に出し、能力を誘発させることで、英雄譚の能力を初めから使いなおすことができます。

なぜこのような戦略をとるのかというと、単純に能力の使い回しが強いからです。
「エルズペス、死に打ち勝つ」を例に出すと、マナ・コスト3以上のカードを追放する能力がもう一度使えます。

Elspeth Conquers Death / エルズペス、死に打ち勝つ (3)(白)(白) エンチャント — 英雄譚(Saga) (この英雄譚(Saga)が出た際とあなたのドロー・ステップの後に、伝承(lore)カウンターを1個加える。IIIの後に、生け贄に捧げる。) I ― 対戦相手がコントロールしていて点数で見たマナ・コストが3以上のパーマネント1つを対象とし、それを追放する。 II ― あなたの次のターンまで、対戦相手がクリーチャーでない呪文を唱えるためのコストは(2)多くなる。 III ― あなたの墓地からクリーチャーかプレインズウォーカーであるカード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。それの上に+1/+1カウンターか忠誠(loyalty)カウンターを1個置く。
エルズペス、死に打ち勝つ

エンチャント — 英雄譚

I ― 対戦相手がコントロールしていて点数で見たマナ・コストが3以上のパーマネント1つを対象とし、それを追放する。
II ― あなたの次のターンまで、対戦相手がクリーチャーでない呪文を唱えるためのコストは(2)多くなる。
III ― あなたの墓地からクリーチャーかプレインズウォーカーであるカード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。それの上に+1/+1カウンターか忠誠カウンターを1個置く。

これだけでもかなり優秀ですね。
また、先ほど紹介した「メレティス誕生」の場合は平野を手札に持って来れるので、単純に手札の土地が安定します。

このように使い回すことで、手軽にアドバンテージを稼ぐことができます。

カウンターは戦場を離れることで消滅するルールがあり、それを上手く使ったのがブリンクということですね!

ブリンクを使った豆知識

「石とぐろの海蛇」はブリンクすることで消滅します。
というのも、カウンターが無くなることで0/0のクリーチャーとなるからです。

704.5f タフネスが0以下のクリーチャーはオーナーの墓地に置かれる。再生はこのイベントを置換できない。

出典:マジック総合ルール(和訳 20200925.0 版)
Stonecoil Serpent / 石とぐろの海蛇 (X) アーティファクト クリーチャー — 蛇(Snake) 到達、トランプル、プロテクション(多色) 石とぐろの海蛇は、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。 0/0
石とぐろの海蛇

アーティファクト クリーチャー

到達、トランプル、プロテクション(多色)
石とぐろの海蛇は、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。

ただし、「見捨てられた碑」があれば消滅することはありません。
見捨てられた碑の常在型能力によって、+2/+2の修正が常に施されているからです。

Forsaken Monument / 見捨てられた碑 (5) 伝説のアーティファクト あなたがコントロールしている無色のクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。 あなたが(◇)を引き出す目的でパーマネントを1つタップするたび、追加の(◇)を加える。 あなたが無色の呪文を唱えるたび、あなたは2点のライフを得る。
見捨てられた碑

伝説のアーティファクト

あなたがコントロールしている無色のクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。
あなたが(◇)を引き出す目的でパーマネントを1つタップするたび、追加の(◇)を加える。 あなたが無色の呪文を唱えるたび、あなたは2点のライフを得る。

もちろん、常にタフネスを上昇させる能力であれば、見捨てられた碑でなくとも問題ありません。
タフネスが0で、かつカウンターで決めているようなクリーチャーはブリンクされないよう注意です。

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!