優先権を得るたびに確認しよう!状況起因処理で大事な2点を解説!

優先権を得るたびに確認しよう!状況起因処理で大事な2点を解説!

MTG初心者
「状況起因処理ってなに? ターン起因処理とは何が違うの?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 状況起因処理は特定の条件を満たすと発生する
  • 状況起因処理は優先権を得るたびに確認する

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回は先日解説したターン起因処理と似た存在である状況起因処理についてです!
ターン起因処理と同様、理解してしまうと意外と簡単なのでこの記事で状況起因処理について覚えてしまいましょう!

ターン起因処理についてはこれさえ押さえれば完璧!ターン起因処理を理解する3つのポイント!から学ぶことができます!

それでは、さっそく状況起因処理について見ていきましょう!

状況起因処理は特定の条件を満たすと発生する

状況起因処理は特定の条件を満たすと発生する処理になります。
なのでフェイズやステップの開始時や終了時に発生するターン起因処理と違うのは、条件を満たすと発生する点ですね。

自動的に発生する点とスタックを用いない点はターン起因処理と同じです。

状況起因処理に当てはまる例としては以下のものが挙げられます。

  • ライフが0以下のプレイヤーは敗北する
  • カードが存在しないライブラリーからカードを引こうとしたプレイヤーは敗北する
  • 10個以上の毒カウンターを持っているプレイヤーは敗北する
  • トークンが戦場以外に存在する場合、消滅する
  • 呪文のコピーがスタック以外の領域にあるとき、消滅する
  • カードのコピーが戦場か戦場以外の領域にあるとき、消滅する
  • タフネスが0以下のクリーチャーは墓地に送られる
  • 忠誠度が0のプレインズウォーカーは墓地に送られる
  • カードタイプに「伝説の」と名のつくパーマネントを複数コントロールしている場合、それが1つになるように墓地に置く
    (いわゆるレジェンド・ルール)
  • 適正でないオブジェクトやプレイヤーにつけられている、なににもつけられていないオーラは墓地に置く
  • 適切でないパーマネントやプレイヤーにつけられている、なににもつけられていない装備品や城砦は、はずされて戦場に残る
  • 同一のパーマネントに+1/+1が乗っており、なおかつ-1/-1カウンターも乗っていた場合、少ない数のカウンターの数だけ両方のカウンターを取り除く
  • 英雄譚の最終章以上の伝承カウンターが乗っており、最終章の能力を処理し終えると英雄譚は生け贄に捧げられる

上記で挙げたのは、比較的出くわす場面が多いものを選びました。
詳細はマジック総合ルール(704.5の項目)を参考にすることをおすすめします。

また、双頭巨人戦や統率者戦などでは通常のルールにはない状況起因処理が追加されますので、そういった変則的なフォーマットで遊ぶ際は一度確認しておくと良いかもしれません。

というわけで、状況起因処理とは特定の条件下で発生する処理だと覚えましょう!
次は状況起因処理をチェックするタイミングについてお話します。

状況起因処理は優先権を得るたびに確認する

状況起因処理が特定の条件下で発生するものだと前項の説明で分かっていただけたかと思います。

そんな状況起因処理ですが、プレイヤーが優先権を得るたびにその有無を確認します。

704.3. プレイヤーが優先権を得るたび(rule 117〔タイミングと優先権〕参照)、ゲームは状況起因処理の発生する条件のどれかが満たされていないかを確認し、該当するものがあればそのすべての状況起因処理を同時に、単一のイベントとして処理する。状況起因処理がチェックの結果として発生した場合、処理後に再びチェックが繰り返される。そうでなければスタックに積まれるのを待っている誘発型能力がスタックに積まれ、再びチェックが行なわれる。状況起因処理が発生しなくなり、スタックに積まれるのを待っている誘発型能力もなくなっていれば、該当するプレイヤーは優先権を得る。この手順はクリンナップ・ステップにも行なわれる(rule 514 参照)が、もし状況起因処理も誘発型能力も発生しなければ、プレイヤーは優先権を得ないでステップが終了するという点が特殊である。

出典:マジック総合ルール(和訳 20210202.1 版)

状況起因処理があった場合は、それを単一のイベントとして処理します。
はじめにスタックが乗らないとも説明しましたが、状況起因処理に対して呪文や能力を唱えることはもちろん、ほかの処理は介入しないということですね。

そして状況起因処理の処理が終わった後、もう一度状況起因処理の有無を確認します。
これは状況起因処理によって状況起因処理が生まれていないかを確認する意味があります。

そうして状況起因処理がないことを確認できれば、スタックに乗るのを待っていた誘発型能力がスタックに乗ります。
そしてくどいですが、さらに状況起因処理の有無を確認します。

そうしてスタックに乗る誘発型能力がなくなり状況起因処理もなければ、ようやくプレイヤーは優先権を得ます。

というわけで優先権を得るたびに状況起因処理の確認や処理を行います。
ですが、実際に遊んでみるとそんなにややこしくなる事態は中々ありません。

まとめ

  • 状況起因処理は特定の条件下で自動的に発生する処理
  • 状況起因処理は優先権を得るたびに確認をする必要がある

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!