誘発型能力を打ち消すことができるのは、一部のカードだけ!【MTG】

誘発型能力を打ち消すことができるのは、一部のカードだけ!【MTG】

打ち消し呪文に疑問を抱くMTG初心者
「打ち消し呪文って、誘発型能力に対しても唱えることができるの? ていうか、誘発型能力の見分け方って何? 誰か教えて!」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 打ち消しは誘発型能力に対して基本的に打てない
  • 誘発型能力の定義は「とき」「たび」「時に」

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回は打ち消し呪文で誘発型能力は打ち消すことができるのかどうかということについて、お話していきます。

「誘発型能力ってなんぞや?」と思う人もいらっしゃると思うので、後半で説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、さっそく見ていきましょう!

打ち消しは誘発型能力に対して基本的に打てない

打ち消し呪文は基本的に誘発型能力に対して唱えることはできません。
というのも、誘発型能力に対して唱えられる打ち消し呪文が少ないからです。

打ち消し呪文の有名どころとして、非クリーチャー呪文を打ち消す「否認」やクリーチャー呪文を打ち消す「本質の散乱」などがあります。

Negate / 否認 (1)(青) インスタント クリーチャーでない呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
否認

インスタント

クリーチャーでない呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

Essence Scatter / 本質の散乱 (1)(青) インスタント クリーチャー呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
本質の散乱

インスタント

クリーチャー呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

ですが、いずれも誘発型の能力を打ち消すものではありません。

なので、誘発型能力を打ち消すためには打ち消し呪文を打ち消すことのできる呪文が必要です。

具体的には「崇高な天啓」が挙げられます。

Sublime Epiphany / 崇高な天啓 (4)(青)(青) インスタント 以下から1つ以上を選ぶ。 ・呪文1つを対象とし、それを打ち消す。 ・起動型か誘発型である能力1つを対象とし、それを打ち消す。 ・土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。 ・あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それのコピーであるトークンを1体生成する。 ・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚引く。
崇高な天啓

インスタント

以下から1つ以上を選ぶ。
・呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
・起動型か誘発型である能力1つを対象とし、それを打ち消す。
・土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
・あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それのコピーであるトークンを1体生成する。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚引く。

天啓な崇高には複数の能力が備わっていますが、今回注目したのは誘発型を打ち消す能力だけですね。
もちろん、1枚引く能力なども有能で使いやすいです。

つまるところ、誘発型能力を打ち消すには誘発型能力を打ち消すという文面が必要になるということです。

基本的には打ち消し呪文で誘発型を打ち消すことはできませんが、一部の打ち消し呪文は打ち消すことが可能です。

誘発型能力の定義は「とき」「たび」「時に」

誘発型能力とは、以下のように定義されています。

603.1. 誘発型能力は誘発条件と効果を持ち、「[誘発条件またはイベント]とき/たび/時に, [効果] [指示(ある場合)]/When/Whenever/At [Trigger condition or event], [effect]. [Instructions (if any).]」という書式で書かれている。

出典:マジック総合ルール(和訳 20200925.0 版)

つまり、「とき」「たび」「時に」と書かれていれば誘発型能力に当てはまります。
具体例として、「盗賊ギルドの処罰者」を挙げてみます。

Thieves' Guild Enforcer / 盗賊ギルドの処罰者 (黒) クリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue) 瞬速 盗賊ギルドの処罰者か他のならず者(Rogue)が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、各対戦相手はそれぞれカードを2枚切削する。 対戦相手1人の墓地にカードが8枚以上あるかぎり、盗賊ギルドの処罰者は+2/+1の修整を受け接死を持つ。 1/1
盗賊ギルドの処罰者

クリーチャー

瞬速

盗賊ギルドの処罰者か他のならず者が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、各対戦相手はそれぞれカードを2枚切削する。
対戦相手1人の墓地にカードが8枚以上あるかぎり、盗賊ギルドの処罰者は+2/+1の修整を受け接死を持つ。

このクリーチャーは戦場に出た際、もしくはほかのならず者が戦場に出た際に切削を行います。

テキスト欄を太字にさせていただきましたが、「出るたび」と書かれているので切削する能力は誘発型能力となります。

ちなみに「対戦相手1人の墓地にカードが8枚以上ある限り~」と書かれている能力は常在型能力といって、常に能力を発揮する能力ですね。

「とき」「たび」「時に」と書かれているかどうかだけなので分かりやすいですね。
これを参考に判断してみてください!

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!