Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【すぐ解決】マルチプレイでコマンドが使えない原因【マイクラ】

【すぐ解決】マルチプレイでコマンドが使えない原因【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.19)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

マルチプレイでコマンドが使えないマインクラフター
「どうしてマルチプレイだとコマンドが使えないの? 使えるようにする方法とかマルチプレイ限定のコマンドがあるって聞いたからそれについても知りたいな!」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • マルチプレイでコマンドが使えない原因
  • マルチプレイでしか使えないコマンド一覧

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップやミニゲームを制作しています!
ダウンロードページ

この記事ではマルチプレイでコマンドが使えない原因について解説しています。

シングルプレイでは「チートの許可」がオンになっていれば、コマンドを好きに使えます。
しかしマルチプレイでは権限という存在が現れ、それによってコマンドを自由に使うことができなくなっています。

それらについて詳しく解説しているほか、マルチプレイでしか使えないコマンドについてもお話しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、さっそく見ていきましょう!



マルチプレイでコマンドが使えない原因

マルチプレイでコマンドが使えない主な原因は、権限が与えられていないことです。

権限とはマルチサーバーにおいてサーバー運営やコマンドなどを行うために必要なもので、通常は与えられていないことが多いです。
これは単純に、誰もかれもが悪さをしないようにするための機能で、いわゆる荒らし対策の一つとして存在しています。

権限がなくともマイクラの基本的なことは行うことができます。
あくまでもサーバー運営やコマンドに関することが制限されていると思えばOKです。
またメッセージを送るコマンドなどは、権限がなくとも問題なく使えます。

なので、権限がないプレイヤーは正しくコマンドを入力して実行しても無効化されてしまいます。
そのためには権限を持っているプレイヤーにopコマンドを使ってもらって権限を貰うようにしましょう。

「権限がありません」の対処法!opコマンドで権限付与【マイクラ】

また、サーバーの建て方次第では別の方法でも権限を付与することが可能なこともあります。
以下はそれらの例です。

というわけで、コマンドを使いたいという場合には権限を付与してもらう必要があります。

マルチプレイでしか使えないコマンド一覧

コマンドの中には、マルチプレイでしか使えないコマンドもあります。
正確にはサーバーの有無で使用できるかどうかが決まるということですが、それでもマルチプレイかどうかで使えるかどうかを考えてしまって差し支えないです。

というわけで、以下がマルチプレイでないと使えないコマンドの一覧となります。

コマンド出来ること
op権限の付与
deop権限の剥奪
whitelistホワイトリストの操作
banBANリストへの追加
ban-ipBANリストへIPアドレスの追加
banlistBANリストの表示・確認
pardonBANリストから指定したプレイヤーIDを削除
(アクセスできるようになる)
pardon-ipBANリストからIPアドレスを削除
perfゲームの情報を10秒間記録する
save-allサーバーを記録する
save-offサーバーのオートセーブを無効にする
save-onサーバーのオートセーブを機能するようにする
setidletimeout操作していないプレイヤーがどれくらいの時間でキックされるのかを決める
stopサーバーを止める

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • マルチプレイでコマンドが使えないときは、基本的に権限がないことが原因となっている。
  • マルチプレイでしか使えないコマンドも存在し、それらはサーバーの設定に関するものが多い。

この記事は以上になります。