マルチプレイなら『シン・VPS』がおすすめ!

【移動不可】プレイヤーが動けなくなるコマンドを解説【マイクラ】

【移動不可】プレイヤーが動けなくなるコマンドを解説【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.20.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

コマンドを使ってプレイヤーを動けないようにしたいマインクラフター
「コマンドを使って、一時的にプレイヤーに移動させられないようにしたいな。どういうコマンドを組めばいいんだろう?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 複数のエフェクトで移動できないようにする

こんにちは!
マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

2016年3月からマイクラをプレイしています!
最近はコマンドやデータパックなどの技術的なものを勉強しています。

この記事では、プレイヤーに移動されないようにするためのコマンドを解説しています。
元々プレイヤーに移動されないようにするコマンドは存在しないため、複数のコマンドを組み合わせて移動に関わる行動を制限します。

多くの場面で活用できるので、ぜひ参考にしてくださいね。
それでは、さっそく見ていきましょう。



複数のエフェクトで移動できないようにする

プレイヤーに移動されないようにするには、複数のコマンドを使います。
そもそも移動できなくするためのコマンドが存在しないので、幾つものコマンドでゴリ押しするような形でやっていきます。

というわけで、以下の3つのエフェクトを付与します。

  • 移動速度低下
  • ジャンプ力上昇
  • 盲目

移動速度低下は説明不要でしょうが、ジャンプ力上昇は特定の値を超えることでジャンプできなくなります。
今回はそれを利用してジャンプの禁止をします。

また、盲目はダッシュできないようにするために付与します。
移動速度低下とジャンプ力上昇によるジャンプ禁止だけではダッシュすることができてしまい、徐々にですが移動することができます。
それを防ぐために盲目も付与します。

というわけで、以下のコマンドをリピートしましょう。
盲目だけは画面の点滅が起こる可能性があるため2秒間の指定にしています。

/effect give @a minecraft:slowness 1 255 true
/effect give @a minecraft:jump_boost 1 238 true
/effect give @a minecraft:blindness 2 5 true

各エフェクトの強さは私がよく使うものを指示しています。
これでないといけないというわけではありません。

唯一のデメリットは盲目による画面の変化です。
どうしても暗い画面になるため、その点だけ覚えておきましょう。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • 3つのエフェクトを同時に付与、強さを都合の良いように指示することでプレイヤーが移動できない状態にすることができる。

この記事は以上になります。

  • 【まとめ】functionコマンドの基本から応用【マイクラ】
  • 【まとめ】カスタムストラクチャーの実装・カスタム方法【マイクラ】
  • 【一覧】夏メの制作物【マップ・データパック配布】