Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【scoreboardコマンド】行動で変化しないdummy【マイクラ】

【scoreboardコマンド】行動で変化しないdummy【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.18.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

scoreboardのdummyについて知りたいマインクラフター
「dummyってどういう行動をカウントしているの? どういうときに使うものか教えて欲しいな」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 行動で変化しないdummy
  • 意図せず変動を起こしたくない場合に使う

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事では、scoreboardコマンドのdummyという項目について解説していきます。

scoreboardコマンドはかなり優秀なコマンドですが、さらにその長所を活かせるのがdummyです。
その理由として、dummyの値はコマンドでしか増減がされないという点にあります。

つまり、自分の好きなタイミングで値を増やしたり減らすことが可能です。

そんなdummyについて詳しく解説しましたので、ぜひ最後まで読んでくれると嬉しいです。
それでは、さっそく見ていきましょう!

scoreboardコマンドの基本的はことは、以下の記事から知ることができます。

【必修】行動をカウントするscoreboardコマンド【マイクラ】



行動で変化しないdummy

scoreboardコマンドを使用することで、様々な行動の中から特定の行動だけをカウントして値にすることができます。
その中でも、dummyという通常の項目とは少し異なる挙動を持つ項目が存在します。

というのも、dummyは何か特定の行動の回数をカウントすることはなく、コマンドによる値の増減でしか変動しません。

なので、勝手に値が変動してほしくない場合に、非常に有能な項目となっています。

dummyの項目を指定したスコアボードを作成する場合は
/scoreboard objectives add A dummy
でOKです。
(Aの部分は作成するスコアボードの名称を決める位置です。各自分かりやすいように変更しましょう)

例えばですが、ミニゲームの参加人数をカウントしたいとします。
dummy以外の他の項目を利用して参加人数をカウントしようとすると、思わぬ出来事でカウントが増減する可能性が存在します。

ですが、dummyを使うことでコマンド以外で値が増減することが無くなります。
これがdummyの強みですね。

scoreboardの値を増減させるコマンド

dummyがコマンドでしか増減しないということは、scoreboardの値を増減させるための、別のコマンドが必須になります。
ジャンプした回数をカウントする項目などは、その項目のスコアボードを作成するだけで、単体で値が変動し活用することができますが、dummyは別のコマンドで値を操作する必要があるということですね。

スコアボードの値を増やす場合には、以下のコマンドを使います。

/scoreboard players add 対象 操作したいスコアボードの名称 増やしたい値(数字で指定)

例えば、全てのプレイヤーのABCというスコアボードの値を10増やしたいという場合は以下のように打ち込めばOKです。

/scoreboard players add @a ABC 10

逆に値を減らしたい場合には、addではなくremoveを使います。

/scoreboard players remove 対象 操作したいスコアボードの名称 減らしたい値(数字で指定)

先ほどのように、全てのプレイヤーのABCというスコアボードから5減らしたい場合には、以下のように打ち込みます。

/scoreboard players remove @a ABC 5

上記のようなコマンドをチェーンコマンドブロックで繋いだり、executeコマンドで条件を付与しつつ実行するようにしておけば、dummyの値を操作することができます。

dummyの値が思うように増減しない場合は、コマンドが想定通りに機能していないことになります。

意図せず変動を起こしたくない場合に使う

dummyを使うかどうかの判断基準としては、コマンドだけでしか変動させないと考えている場合はdummyを使ってOKです。

逆を言うと、行動などによって値の変動を起こしたくない場合にも適しています。

dummyの特性として別のコマンドが必要になる都合上、どうしても使うコマンドの数が増えてしまいます。
ですが、別の項目を使って不具合を起こす可能性があるくらいならば、多少手間でもdummyを使うべきですね。

ミニゲームなどを制作する際にdummyを使う例として挙げられるものは、参加人数やクリア人数、得点を決めた回数などが適しているかと思います。

もちろん、ゲームの内容次第で別の項目の方が良いこともあります。
ですが、カウントしたいものがscoreboardの項目として備わっていない場合には、基本的にdummyの方が都合がいいです。

ゲームに参加する人数、製作者が決めたクリア方法、得点の追加方法というのは、マインクラフト側は想定できませんからね。

というわけで、デフォルトにはない特殊な出来事などをカウントする際や、コマンドでしか値を変動させたくないという場合に、dummyがおすすめです。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

紹介したコマンド
  • スコアボードの値を増やすコマンド
/scoreboard players add 対象 操作したいスコアボードの名称 増やしたい値(数字で指定)
  • スコアボードの値を減らすコマンド
/scoreboard players remove 対象 操作したいスコアボードの名称 減らしたい値(数字で指定)
ポイント
  • scoreboardコマンドのdummyは、コマンドでしか値が増減しない特殊な項目となっている。
  • dummyを使う場面としては、コマンド以外で値を増減させたくない場合や、項目として備わっていない場合に使う。

この記事は以上になります。