【マルチサーバー】max-playersで人数を変更【マイクラ】

【マルチサーバー】max-playersで人数を変更【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.18.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

サーバーに入れる人数を制限したいマインクラフター
「サーバーに入れる人数を制限したいんだけど、コマンドで出来るの? 特定のプレイヤーをサーバーに入れないようにする方法についても知りたいな」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • max-playersで人数を変更
  • banコマンドで特定のプレイヤーには入らせない

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事ではサーバーに入れる人数を制限する方法について解説していきます。

BE版などではsetmaxplayersコマンドというサーバーへ入れる人数を指定するコマンドがあるのですが、Java版はこのコマンドがないため別の作業を必要とします。

とはいえ、難しいことをするわけではないのですぐに理解できますよ!

それでは、さっそく見ていきましょう!



max-playersで人数を変更

サーバーに入れる人数を制限するには、max-playersの値を変更する必要があります。

このmax-playersというのは、サーバー作成時に生成されるファイルの1つであるserver.propertiesというファイルの中に書き込まれているので、.propertiesの部分を.txtに変更して、ファイル形式をテキストファイルに変換する必要があります。

server.propertiesをテキストファイルに変換して開いてみると、以下のように書き連ねられているので、max-playersの行を探しましょう。

#Minecraft server properties
#Fri Dec 31 15:54:54 GMT+09:00 2021
enable-jmx-monitoring=false
rcon.port=25575
gamemode=survival
enable-command-block=false
enable-query=false
level-name=world
motd=A Minecraft Server
query.port=25565
pvp=true
difficulty=easy
network-compression-threshold=256
require-resource-pack=false
max-tick-time=60000
use-native-transport=true
max-players=20
online-mode=true
enable-status=true
allow-flight=false
broadcast-rcon-to-ops=true
view-distance=10
server-ip=
resource-pack-prompt=
allow-nether=true
server-port=25565
enable-rcon=false
sync-chunk-writes=true
op-permission-level=4
prevent-proxy-connections=false
hide-online-players=false
resource-pack=
entity-broadcast-range-percentage=100
simulation-distance=10
rcon.password=
player-idle-timeout=0
force-gamemode=false
rate-limit=0
hardcore=false
white-list=false
broadcast-console-to-ops=true
spawn-npcs=true
spawn-animals=true
function-permission-level=2
text-filtering-config=
spawn-monsters=true
enforce-whitelist=false
resource-pack-sha1=
spawn-protection=16
max-world-size=29999984

どの項目でもそうですが、=の後ろがその行の設定の値となっています。
上記のmax-playersの場合は20となっているので、20人までしか入れないサーバーということになっています。

この20という値を都合の良い値に変更して上書き保存。
.txtから.propertiesに戻すことで、サーバーに入れる人数を変更することが可能です。

変更したことをサーバー側が認識するには再起動するのも1つの手ですが、reloadコマンドを使用しても適用することができます。

reloadコマンドは以下のコマンドをそのまま入力して実行するだけなので、誰にでも使えます!

/reload

「再読み込み中」という文字が出れば、読み込みが完了しています。

サーバーを閉じる必要もないので、使い勝手がいいですよ。

というわけで、サーバーに入れる人数を変更するにはserver.propertiesのmax-playersの値を変更すればOKです。

banコマンドで特定のプレイヤーには入らせない

特定のプレイヤーをサーバーに入れたくない場合には、そのプレイヤーに対してBANをすればOKです。

この記事で解説するBANとは、特定のアカウントをサーバーに入れなくする行為のことになります。
荒らしや迷惑行為を繰り返すプレイヤーに行う処置ですね。

BANするための方法は幾つかありますが、基本的にはbanコマンドを使うのがおすすめです。
過去に記事にしていますので、気になる方はぜひどうぞ。

【マイクラ】banコマンドでプレイヤーをBANできる【Java】

規模が大きくなるほど荒らし対策は必須になってくるので、覚えておきましょう。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • server.propertiesの変更後、サーバーを再起動させずに変更内容を適用させるために使用するコマンド
/reload
ポイント
  • server.propertiesを.txtに変更してmax-playersの箇所を書き変えることで、サーバーに入れる人数を変更できます。

この記事は以上になります。







この記事を共有!