マルチプレイなら『シン・VPS』がおすすめ!

【マイクラ】set_loreで説明文を追加・上書きする【item_modifier】

【マイクラ】set_loreで説明文を追加・上書きする【item_modifier】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.20.4)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

こんにちは!
マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

2016年からマイクラを楽しんでおり、最近はクリエイティブモードでコマンドを駆使して遊んでいます!

この記事では、こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • set_loreでアイテムの説明文を変更できる

set_loreはitem_modifierの1項目で、アイテムの説明文を変更するために使用する項目です。

giveコマンドなどで指示するのとはまた違った特徴がありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、見ていきましょう!

本記事で紹介するデータパックのサンプルはGitHubにてダウンロードできます。

set_loreでアイテムの説明文を変更できる

set_loreを使用することで、アイテムの説明文を変更することができます。

loreというのは、giveコマンドなどでアイテムの説明文を指示する際にも使用している単語ですので、そこからイメージすると分かりやすいですね。

そんなset_loreですが、item_modifierの1項目ですので、データパックの作成が必要となります。

というわけで、以下のようなデータパックを作成しましょう。
pack.mcmetaとtest_lore.json以外は全てフォルダになります。

  • datapack本体
    • data
      • sample
        • item_modifiers
          • test_lore.json
            (このファイルにset_loreを記述する)
    • pack.mcmeta

test_lore.jsonには以下のように記述します。

[
    {
      "function": "minecraft:set_lore",
      "lore": [
        {
          "text": "俺が水中採掘マンだ!",
          "color": "green",
          "bold": true,
          "italic": true,
          "underlined": false,
          "strikethrough": false,
          "obfuscated": false
        },
        {
          "text": "よろしくな!",
          "color": "blue",
          "bold": true,
          "italic": true,
          "underlined": false,
          "strikethrough": false,
          "obfuscated": false
        }
      ],
      "replace": true
    }
  ]

pack.mcmetaは以下の通り。

{
  "pack": {
    "pack_format": 26,
    "description": ""
  }
}

これらを元にデータパックを作成出来れば、準備OKです。

データパックを導入して、手元にアイテムを持った状態で以下のコマンドを実行してみましょう。

/item modify entity @s weapon.mainhand sample:test_lore

このコマンドはメインハンドに持っているアイテムに対して、”sample:test_lore”を適用するものです。

なので、先ほど作成した説明文(test_lore.jsonの内容)を付与させます。

「俺が水中採掘マンだ!よろしくな!」という説明文が追加されていれば成功しています。

set_loreは簡単なものならば手動でも作れなくはないです。
しかし、複雑なものにする場合は生成サイトの利用をおすすめします。

set_loreのコードを生成できます!

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • set_loreはデータパックを作成する必要があるものの、簡単にアイテムの説明文を変更することができる。

この記事は以上になります。

  • 【まとめ】functionコマンドの基本から応用【マイクラ】
  • 【まとめ】カスタムストラクチャーの実装・カスタム方法【マイクラ】
  • 【一覧】夏メの制作物【マップ・データパック配布】