【配布マップに必須!】初期スポーン地点を変更するコマンド【Java版】

【配布マップに必須!】初期スポーン地点を変更するコマンド【Java版】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

マップを配布したいマインクラフター
「作ったマップを配布したいんだけど、どの人が遊んでも同じ場所からスタートさせたい。初期スポーン位置を設定することってできる?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 初期スポーン位置を変更するコマンド

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

普段は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

今回は初期スポーン地点を変更したい人の悩みを解決していきます。

この悩みを解決する方法に小難しい話は出てきません。
というのも、setworldspawnコマンドという簡単なコマンドを使うことで解決します。

簡単なコマンドでありながら、実際に脱出マップを作っている私もお世話になっています。
配布直前の作業として、初期スポーン地点を設定するのに必要不可欠なんですよね。

紹介するsetworldspawnコマンドそのものに解説することが少ないので、この記事もサクッと読めます。

この記事を読めば、配布する際に「もしも変なところにいたらキルしてください」という注意書きをしなくて済むようになりますよ。
というわけで、さっそく見ていきましょう!

初期スポーン位置を変更するコマンド

初期スポーン位置を設定するコマンドは、setwprldspawnコマンドになります。
コマンド自体は非常に簡単で、難しいことはありません。

なので、コマンドを使ったマップを配布しようとしている人からすれば、すぐに理解できると思います。

そんなsetworldspawnコマンドは以下の通りです。

/setworldspawn 座標

とても簡単ですね。

座標の部分にはXYZの3つの値が必要です。
なので、具体的に記述するならば

/setworldspawn 10 10 10

といった感じになります。

上記のコマンドならば、X=10、Y=10、Z=10の場所が初期スポーン地点に変更されるということですね。

setworldspawnコマンドは初期スポーン地点を変更するコマンドですので、リスポーン地点を変えるわけではありません。
リスポーン地点を変更させたい場合は、【コマンド1つで簡単】リスポーン地点を変更する方法&解説【Java版】を参考にしてくださいね。

ともあれ、初期スポーン地点を変更するにはsetworldspawnコマンドでOKです。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • 初期スポーン地点を変更するコマンド
/setworldspawn 座標
ポイント
  • リスポーン地点を変更するコマンドとは別なので、混同しないよう注意しましょう!

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!