【簡単コマンド】スポナーを出す&スポーンするモブを決める方法【Java版】

【簡単コマンド】スポナーを出す&スポーンするモブを決める方法【Java版】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

スポナーを用意したいマインクラフター
「コマンドを使ってスポナーを出したいんだけど、何のコマンドを使えばいいの? スポーンさせるモブは何でも選べる?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • スポナーは手元に用意した方が楽
  • スポーンさせるモブを決める方法

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

普段は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事では、コマンドでスポナーを出したい人の悩みを解決します。
スポナーを出す方法はいくつかありますが、今回は1番簡単な方法を教えます!

ただ、スポナーを出すだけではスポーンする内容を指定できません。
なので、スポーンするモブの決め方についても後半で解説します。

配布マップで戦闘シーンを加えたり、モブを絶やしたくないときに使えますので、ぜひ覚えてくださいね。

さっそく見ていきましょう!

スポナーは手元に用意した方が楽

コマンドを使ってスポナーを用意しようとすると、いくつか方法は挙げられます。
ですが、1番楽なのはgiveコマンドで手元に用意する方法ですので、今回はその方法を解説します。

giveコマンド以外では、setblockコマンドで直接設置する方法もありますが、置きなおす度にコマンドを打たなくてはならないので、今回は割愛します。

まずは実際にコマンドを使ってスポナーを手に入れてみましょう。

コマンドは以下の通りです。

/give @p minecraft:spawner

上記のコマンドを実行すると、手元にスポナーが1つ手に入ります。
1度手に入れてしまえば、あとは繰り返し設置(使用)できるので困ることはないと思います。

ただしコマンドでスポナーを出現させたい場合は、giveコマンドは向いていないのでsetblockコマンドを使うようにしましょう。

ある一定の距離まで近づくとスポナーが出現するといったコマンドを組みたい場合ですね。

とはいえ、ダンジョンを作るのにあらかじめスポナーを設置しておきたいといった場合が多いと思いますので、giveコマンドだけでも充分ですね。

スポーンさせるモブを決める方法

手元に用意したスポナーは、まだ何をスポーンさせるか決まっていない状態です。
その状態でどこか適当な場所に設置すると、Minecraftの方で何がスポーンするのかを決められてしまいます。

これでは思っているモブをスポーンさせられず、使い物になりません。

ですが、安心してください。
何をスポーンさせるかはきちんと決められます。

それに使うアイテムはスポーンエッグです。
スポーンエッグはクリエイティブのインベントリにも存在するので、使ったことのある人は多いのではないでしょうか。

どこにあるか分からない方は下の画像を参考にしてくださいね。

下準備として、スポーンさせたいモブのスポーンエッグを手元に用意しておきましょう。

そして実際にスポナーからスポーンされるモブを設定してみます。
といっても、そんなに難しいことはしません。

手順としては

  1. スポナーを設置する
  2. スポナーに向かって、スポーンエッグを持ってクリック

の2工程だけです。

それぞれ画像付きで見ていきましょう。

①スポナーを設置する

まずはスポナーを設置します。
先述したように指定していない状態ですので何かがスポーンする状態ですが、まずはそれで問題ありません。

② スポナーに向かって、スポーンエッグを持ってクリック

スポナーを設置したら、次はスポーンエッグをスポナーに向かって使います。
これだけでスポナーから出現するモブを変更できます。

今回はウサギをスポーンするようにしてみました。
可愛いですね。

スポーンさせられるモブはスポーンエッグさえ存在すれば、なんでもスポーンさせることが可能です。
逆を言うと、スポーンエッグがないとスポーンさせられないということですね。

とはいえ、スポーンエッグはサバイバルで出現しないモブも完備しています。
なので「○○が出せない」なんて困ることは正直皆無ですね。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • スポナーを入手するコマンド
/give @p minecraft:spawner
ポイント
  • スポーンエッグはクリエイティブモードのインベントリに存在します。

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!