「砕骨の巨人」の能力が誘発されないのは能力の対象だから!【呪文と能力の違い】

「砕骨の巨人」の能力が誘発されないのは能力の対象だから!【呪文と能力の違い】

MTG初心者
「MTGアリーナをやってるときに砕骨の巨人のダメージを与える能力が発動したりしなかったりするけど、これってどういうこと? 呪文の対象って何?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • その処理は呪文なのか能力なのか

こんにちは! MTGプレイヤーのナツメ(@natsume_717b)です。

今回は能力の対象についてお話していきます。
呪文の対象と書かれている場合は呪文を唱えている際に対象として選ばれる必要があり、能力によって選ばれる対象とは異なります。

「砕骨の巨人」を例に呪文の対象、能力の対象がどう違うのかを見ていきます!

その処理は呪文なのか能力なのか

「砕骨の巨人」の能力が誘発されるときとされないときがあるのには、もちろん理由があります。
それは、「それが呪文なのか能力なのか」という点が関わっています。

初めに砕骨の巨人について見直しましょう。
「砕骨の巨人」とは以下のようなカードです。

Bonecrusher Giant / 砕骨の巨人 (2)(赤) クリーチャー — 巨人(Giant) 砕骨の巨人が呪文の対象になるたび、砕骨の巨人はその呪文のコントローラーに2点のダメージを与える。 4/3 Stomp / 踏みつけ (1)(赤) インスタント — 出来事(Adventure) このターン、ダメージは軽減できない。クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。踏みつけはそれに2点のダメージを与える。
砕骨の巨人

クリーチャー

砕骨の巨人が呪文の対象になるたび、砕骨の巨人はその呪文のコントローラーに2点のダメージを与える。


踏みつけ
インスタント — 出来事

このターン、ダメージは軽減できない。クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。踏みつけはそれに2点のダメージを与える。

今回は出来事に関しては触れませんので、出来事について知りたい方は【MTG初心者向け】出来事ってどう使うの?解説します!にて解説しているのでぜひ参考にしてください。

というわけで、「砕骨の巨人」は3マナのクリーチャーで4/3と優秀なステータスを持っています。
そして、今回の主題であるダメージを与える能力について。

テキスト欄には「砕骨の巨人が呪文の対象になるたび」と書かれています。
この「呪文の」というのが非常に重要です。

この「呪文の対象」という言葉は「能力の対象」に関しては触れていません。
要するに能力に関しては話は別だよということです。

呪文と能力の違いは非常に簡単です。
唱えている段階では呪文です。しかし、唱えずに能力を起動、誘発をさせているとそれは能力になります。

具体的な例を挙げてみましょう。
「ガラスの棺」「焦熱の竜火」で話をします。

Glass Casket / ガラスの棺 (1)(白) アーティファクト ガラスの棺が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていて点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー1体を対象とし、ガラスの棺が戦場を離れるまでそれを追放する。
ガラスの棺

アーティファクト

ガラスの棺が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていて点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー1体を対象とし、ガラスの棺が戦場を離れるまでそれを追放する。

Scorching Dragonfire / 焦熱の竜火 (1)(赤) インスタント クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。焦熱の竜火はそれに3点のダメージを与える。このターン、そのクリーチャーやプレインズウォーカーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。
焦熱の竜火

インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。焦熱の竜火はそれに3点のダメージを与える。このターン、そのクリーチャーやプレインズウォーカーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。

「ガラスの棺」は戦場に出たときにマナコストが3以下のクリーチャーを対象にして追放するカードです。
一方で「焦熱の竜火」はクリーチャーかプレインズウォーカーを対象に3点のダメージを与えます。

「ガラスの棺」は一度戦場に出る必要があります。
その上でクリーチャーを追放します。

つまりこれは誘発型能力になります。
誘発型能力であるかどうかを見極める際の「とき、たび、時に」の単語がきちんと含まれていますしね。
(「ガラスの棺が戦場に出たとき」の部分)

誘発型能力については誘発型能力を打ち消すことができるのは、一部のカードだけ!【MTG】にて解説しています。

そして、「焦熱の竜火」は唱えている時点で対象を取ります。

ここまでくればもうお分かりだと思いますが、「ガラスの棺」は能力で対象とするので「砕骨の巨人」の能力は誘発されません。
「焦熱の竜火」の場合は、呪文の対象となるので「砕骨の巨人」の能力が誘発されます。

というわけで、呪文と能力の対象の違いはそれが唱えられているかどうかで見ればOKです。

もちろん「砕骨の巨人」が「呪文や能力の対象となるたび」と書かれていた場合には「ガラスの棺」でもダメージを与える能力が誘発されます。

なので、呪文と能力は一見似ているようにも見えますが、明確に異なるものです!

まとめ

  • 「砕骨の巨人」は呪文の対象になるとダメージを与える。
    →能力の対象では誘発しない。
  • 呪文は唱えているもの。能力は起動したり誘発させたもの。

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!