Youtubeチャンネルはこちら!コマンド解説を動画で観れます!

【徹底解説】スポンジは水を吸う唯一無二のブロック【マイクラ】

【徹底解説】スポンジは水を吸う唯一無二のブロック【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.18.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

スポンジについて知りたいマインクラフター
「スポンジってどういうブロックなの? どうやって手に入れるのか教えて欲しいな。どういったことに使うのかも知りたい!」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 水を吸う唯一無二のブロック
  • 海底神殿から入手する
  • ガーディアントラップの制作に役立つアイテム

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

この記事では、ブロックの1つであるスポンジについて解説していきます。
スポンジはそのイメージ通り、水を吸うことのできるブロックです。

初めにその吸水する性質についてお話していき、その後はどうやってスポンジを手にいれるのか、どういったことに使われているのかなどを解説。

スポンジの回収に適しているツールや、水を吸った後のスポンジを元に戻す方法など基本的な解説もしています。

スポンジは幅広く使える性能を持っているわけではありませんが、尖った性能を持っているので幾つかは所持しておきたいブロックと言えますね。

それでは、さっそくスポンジについて見ていきましょう。



水を吸う唯一無二のブロック

スポンジは触れている水源・水流を空気ブロックに変換する唯一のブロックです。

要するに、周りにある水を吸水するわけですね。
スポンジに触れている水だけでなく、その触れている水と隣接している水もある程度の範囲ならば吸い込むので、水抜き作業には強い味方となるアイテムです。

池などの広範囲の水抜きを行う際に利用する場合は、スポンジを設置してもすぐに無限水源の要領で元に戻ってしまいます。
なので、ある程度ブロックで区切ってからスポンジの設置をしましょう。

水を吸ったスポンジは「濡れたスポンジ」となり、水を吸わなくなります。
しかし、お肉を焼くようにかまどで焼いたり、ネザーのどこにでも良いので設置すると、再度スポンジに戻すことが可能です。

かまどでスポンジに戻す際に、燃料スロットに空のバケツをセットしておくことで水入りのバケツに変化します。

また、スポンジを回収するのに適切な道具はクワです。
なのでネザーに設置して乾かした場合は、クワで回収するとストレスなく作業に戻れますよ。

海底神殿から入手する

スポンジは海底神殿から入手することができます。

具体的には2通りの方法があり、エルダーガーディアンを倒して確実に入手する方法とランダム生成されるスポンジ部屋を見つけることですね。

1:エルダーガーディアンを倒す

エルダーガーディアンは海底神殿に必ず3体スポーンして、ピースフルにしない限りは消えることがありません。

また、スポーン位置もだいたい決まっており、いずれにしても海底神殿内部にスポーンします。

1匹は屋上の近くです。
海底神殿の外から屋上を掘ると、大抵その姿を見ることができます。

エルダーガーディアンは採掘速度低下のデバフをかけてくるので、牛乳を飲んで再度デバフをかけられる前に海底神殿をピッケルで掘る必要があります。

残りのもう2匹はそれぞれ左右に位置したあたりにスポーンします。
屋上にいるエルダーガーディアンと違って、多少スポーン位置が毎回ばらつくので見つけるまでに多少の探索が必要あります。

2:スポンジ部屋を見つける

スポンジ部屋を海底神殿から見つけることで、大量のスポンジを入手できます。

先ほど紹介したエルダーガーディアンを倒す方法では、1匹につき1つのスポンジのドロップなので、最大でも3つしか手に入りません。

しかし、スポンジ部屋は1か所につき約32個の濡れたスポンジが手に入りますので、効率でいえばスポンジ部屋の方が圧倒的に優れています。

この方法のデメリットとして、スポンジ部屋が生成されるかどうかは完全にランダムなことです。
攻略している海底神殿にスポンジ部屋がないということもあり得るので、大量のスポンジが欲しい場合にはいくつかの海底神殿を攻略する必要が出てきます。

海底神殿を見つけるには、製図家から海洋探検家の地図を取引してもらうと良いですよ。

ガーディアントラップの制作に役立つアイテム

スポンジは水抜きができるアイテムということで、ガーディアントラップの制作に役立つアイテムになります。

ガーディアントラップには水抜きをするタイプとしないタイプがありますが、今回お話するのは水抜きをするタイプですね。

水抜きをするタイプのガーディアントラップの仕組みとしては、限られた場所に水を設置することでガーディアンがスポーンする場所を指定します。
スポーンさせる位置を決めた後は、自動で処理する仕組みを作ればトラップとなります。

ガーディアンのスポーンに必要な条件は、海底神殿がある場所(あった場所)かつ水が存在していることです。
なので、たとえ海底神殿があった場所でも水がなければガーディアンはスポーンしません。

なので、初めに海底神殿の周辺の水を全てなくす必要があります。
そこでスポンジの出番というわけですね。
先述したように5×5程度に区切っていき、その中にある水源をスポンジで吸っていきます。

スポンジがなくとも水源を潰すようにブロックを設置すれば同様のことができますが、どうしても手間と必要なブロックが増えてしまうので、スポンジを使うべきですね。

水抜き以外の使い道は、ほとんどないのでガーディアントラップを作りたいという人だけが集めればいいと思います。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

ポイント
  • スポンジは水を吸うことのできる唯一のブロック。
  • 集めるには、海底神殿に行く必要がある。
    (エルダーガーディアンのドロップか、スポンジ部屋を見つけること)
  • 使い道としては大規模な水抜きが挙げられる。
    (ガーディアントラップの作成に便利)

この記事は以上になります。