【召喚/解説】ウィザーを作るには2つのアイテムが必要【マイクラ】

【召喚/解説】ウィザーを作るには2つのアイテムが必要【マイクラ】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

ウィザーの召喚方法を知らないマインクラフター
「ウィザーってどうやって召喚するの? ブロックを並べるようなことは知っているんだけど、どうやって作るの? ウィザーって裏ボスらしいから、先にエンダードラゴンを倒しておかなきゃいけないのかな」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • ウィザーを作るには2つのアイテムが必要
  • エンドラを倒す必要はない

こんにちは! マインクラフターのなつめ(@natsume_717b)です。

なつめ

マイクラ歴は5年程で、最近は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

今回はボスの1体であるウィザーを召喚するための方法を解説していきます。

ウィザーは特定の場所に存在するボスではなく、プレイヤー自身の手で召喚することのできるボスです。

そのためにはブロックとアイテムを特定の配置に並べる必要があるのですが、その作り方を解説。
また、召喚するための条件というものについても触れています。

この記事を読めば、ウィザーの召喚については完璧ですよ。
さっそく見ていきましょう!



ウィザーを作るには2つのアイテムが必要

ウィザーを召喚する上で必要なアイテムは、ウィザースケルトンの頭蓋骨とソウルサンド(もしくはソウルソイル)の2種類です。

ソウルサンドに関しては、ソウルソイルで代用することも可能なので、覚えておくとソウルサンドの数が足りないときなどに役に立つかもしれませんね。

この2種類のアイテムを特定の並びに配置することで、ウィザーを作ることが可能です。
特定の並びに配置された時点で召喚されるので、準備を終えたうえでブロックを配置していきましょう。

並べ方は以下の通りです。

ソウルサンド(ソウルソイル)をT字に配置して、3つのウィザースケルトンの頭蓋骨をT字の平たい部分に設置します。

ソウルサンド(ソウルソイル)をT字に配置して、3つのウィザースケルトンの頭蓋骨をT字の平たい部分に設置します。

ソウルサンドの箇所にソウルソイルが混在していても、問題なくウィザーを召喚出来ます。

また、向きや方角は指定がないので、以下のような並びでもウィザーを召喚することができます。

また、方向や方角は指定がないので、以下のような並びでもウィザーを召喚することができます。

上記のように配置して召喚出来なかった場合は、T字の隙間部分にブロックなどが存在するかピースフルであることが原因であることが挙げられます。

ピースフルであった場合は、別の難易度に変更して再度設置しなおしましょう。

隙間部分にブロックなどがあった場合も同じように再度設置しなおせば召喚することができます。
花や苗木でも召喚の阻害となりますので、何もないように前以て注意しておきましょう。

まとめると、ウィザーを召喚するには2種類のアイテムが必要となります。
向きや方角の指定はありませんが、難易度や周囲にブロックが無いか確認しておきましょう。

エンドラを倒す必要はない

ウィザーは裏ボスなんて呼ばれ方をしますが、だからといって先に通常のボスであるエンダードラゴンを倒しておく必要はありません。

上述したように2種類のアイテムさえあれば、召喚することができます。

極論、ワールド生成したてでもソウルサンドとウィザースケルトンの頭蓋骨を必要個数持っていれば、召喚できてしまいます。

エンドラを先に倒しておく必要がある場合は、ウィザーの倒し方の一つである岩盤ハメを行いたいときですね。
岩盤ハメは帰還用のポータルを利用するので、安全にウィザーを討伐するのにエンダードラゴンを倒しておくべきです。

下記の記事にて、岩盤ハメについてやウィザーと戦うときのコツを解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【倒し方解説】ウィザーと戦うための3つの準備【マイクラ】

というわけで、先にエンダードラゴンを倒しておく必要はありません。
ただし、岩盤ハメを行いたいときはエンダードラゴンを倒して、ジ・エンドの安全を確保しておく必要があります。

まとめ

今回のまとめです。

ポイント
  • ウィザーを召喚するには、ソウルサンド(もしくはソウルソイル)とウィザースケルトンの頭蓋骨が必要。
  • ソウルサンドをT字に並べて、ウィザースケルトンの頭蓋骨をT字の横線部分に乗せていくことで召喚できる。
  • アイテムさえ揃っていれば、ウィザーは召喚出来ます。
    (エンダードラゴンを倒しておく必要はない)

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!