【解説】timeコマンドで朝にしてみよう!【Java版マイクラ】

【Java版】コマンドで朝にしてみよう!【timeコマンド解説】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

コマンド初心者
「ワールドを明るくしたい! 朝にするコマンドとかってないのかな?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 朝にするには、timeコマンドを使う
  • timeコマンドには3つの使い分けがある

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

普段は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

今回はマイクラ内の時間を朝にしたいというプレイヤーのために、時間に関するコマンドについて解説していきます!

時間に関するコマンドといえば、timeコマンドです。

朝にすることはもちろんのこと、時間を操るコマンドなので昼や夜にすることもできます。
この記事一つで、どちらも出来るようになるのでぜひ覚えてくださいね。

timeコマンドはただ時間を操作するだけですが、汎用性が高く、意外と使うんですよね。
実際、制作マップを作っている私自身も頻度こそ多くないものの、クリエイティブのワールドを作るたびに時間を変更しています。

ちなみに時間を停止するコマンドも存在しますので、気になる方は以下のリンクから参考にしてくださいね。

昼から時間が経過しない!時間を停止するコマンドの紹介&使い方!

この記事では、はじめに朝にするtimeコマンドを紹介し、その後はtimeコマンドの詳しい解説していきます。

というわけで、さっそく時間を変更するコマンドを見ていきましょう!

朝にするには、timeコマンドを使う

マイクラ内の時間を変更するには、timeコマンドを使うことで変更することができます。
なので、朝にしたい場合もtimeコマンドを使えばOKということですね。

時間にこだわらず朝にしたい場合は

/time set day

と打ち込めば朝にすることができます。

dayのほかにも、noonやmidnight、nightといった文字列が対応しており、それぞれの英単語が意味する時間に変更することが可能です。

ただ、明け方や昼前といった絶妙な時間帯に設定したい場合もあるはず。

その場合は

/time set 数字

を打ち込むことで、時間帯も設定することができます。

数字は0から2147483647という膨大な数字が対応していますが、24000以上の数字はほとんど意味がありません。

というのも、マイクラは0~24000で1日の時間を示すからです。
以下の表を参考にしてもらうと分かりやすいと思います。

時間数字
午前0時(午後12時)18000(midnight)
午前1時19000
午前2時20000
午前3時21000
午前4時22000
午前5時23000
午前6時0
午前7時1000(day)
午前8時2000
午前9時3000
午前10時4000
午前11時5000
午後0時(午前12時)6000(noon)
午後1時7000
午後2時8000
午後3時9000
午後4時10000
午後5時11000
午後6時12000
午後7時13000(night)
午後8時14000
午後9時15000
午後10時16000
午後11時17000

仮に24000以上の数字を入れると、その数字を24000で割った計算のあまりが反映されることとなります。

例:49000と打ったら、24000で割ると、あまりは1000。
  つまり、午前7時の時間帯に変更されます。

timeコマンドは難しい箇所がないので、非常に簡単です。
時間を変更したいときは、

/time set ○○

と打ち込んで変更していきましょう!

timeコマンドには3つの使い分けがある

timeコマンドは時間に関するコマンドですが、setを使って指定した時間に変更するだけではありません。

setのほかには、“add”“query”があります。

では、addとqueryは何か。
それを今から説明していきます。

add

addという単語から分かるように、指定した分だけ時間を加えます
つまり、時を指定した分だけ進めるということですね。

コマンドの打ち方としては、

/time add 数字

となります。

例えば”/time set day”と打ち込んで午前7時にしておきます。
(午前7時=1000)

その状態で

/time add 5000

と打てば、5000の数字分だけ時間が進みます。
つまり、1000+5000=6000。

noon(午後0時)の時間になるということですね。
数字に関しては上述した表を参考にしてもらえれば、問題ないと思います。

query

queryは「尋ねる」「質問」といったような意味合いです。
つまり、時間に関しての情報を聞き出すことができます。

コマンドとしては

/time query <daytime|gametime|day>

となります。

それぞれが何の時間を示しているのか、見ていきましょう。

/time query daytime

現在の時刻を夜明けからのティック数で表示します。

つまり、先ほどの表のまんまですね。
午後8時なら、14000といった具合に表通りの数字が表示されます。

/time query gametime

ワールドが作られてからの経過時間が表示されます。

正直、使用する頻度は少ないですね。

/time query day

ワールドを作ってからの日数になります。
これはF3キーを押すことでも見ることができます。
(「day 〇〇」と表記されています)

これも使う機会はほとんどないですね。
ただ、どれだけそのワールドで遊んだのかを知れるコマンドとして利用できます。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • 時間を変更するコマンド
    (下記は朝にする場合。詳しい時間を指定したい場合は数字を打ち込む)
/time set day
ポイント
  • マイクラ内の時間は0~24000で表示することができます!

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!