【tpコマンド】向きを指定するには追記するだけ【マイクラJava版】

【tpコマンド】向きを指定するには追記するだけ【マイクラJava版】

この記事では、Minecraft Java Edition(バージョン1.17.1)の情報をもとに執筆しています。
そのほかのバージョンや機種などでの動作は保証できません。

テレポート後に特定の向きを向かせたいマインクラフター
「tpコマンドでテレポートした後に決まった方角を向かせたいんだけど、どうすればいいのかな?」

こんな疑問を解決します!

本記事の内容
  • 向きを指定するには、tpコマンドに追記する

こんにちは! マインクラフターのナツメ(@natsume_717b)です。

普段は脱出マップを配布・制作しています!
配布マップ・ダウンロードページ

今回はtpコマンドでテレポートした時に、決まった方向を向かせる方法について解説します。

tpコマンドは使い勝手の良い非常に便利なコマンドなのですが、向きの指定をしないとテレポート前に向いている方向を見ているままです。

マルチプレイなどでただ集合をかけたいときならばたいした問題ではありませんが、配布マップなどでテレポート後にすぐさま見せたいものがあると困ってしまいますよね。

そこで、この記事ではtpコマンドでテレポートした後に、指定した方向を向かせられるようにします。
東西南北などテレポートした後に向く方向を表にまとめたので分かりやすいですよ。

それでは、さっそく見ていきましょう!



向きを指定するには、tpコマンドに追記する

tpコマンドでテレポートした際、決まった方角を向きたい場合には追記する必要があります。
何を追記するのかというと、2つの数字です。

具体的には、どの方角を向いているのか、目線はどの高さなのかを示す2項目を数字で指示していきます。

例えば、座標x=100、y=100、z=100の地点にテレポートし、テレポート後は西の方向を向きつつ地面と水平になるように視点を変更させるコマンドは

/tp @p 100 100 100 90 0

となります。
「100 100 100」はテレポート先となる座標を示しています。

tpコマンドの基本的なことは【基本だけ】tpコマンドには対象と座標が必要【マイクラJava版】にて解説しているので、つい忘れてしまったという方はぜひ参考にしてくださいね。

肝心となるのが、「90 0」の部分ですね。
この部分が先ほど挙げた「どの方角を向いているのか、目線はどの高さなのか」という部分になります。

西を向かせるのに「90」を指定し、地面と水平になるように指示するために「0」を指定しています。
その他の方角や視線の位置は下記の表からどうぞ。

指定する数字向く方角
-180
-90
0
90西
指定する数字視線の位置
-90真上を向く
0地面に対して水平
90真下を向く

これらの要素を活用すれば、その場所から移動させずに向いている方向を変更させたいときにも利用することができます。

その場を移動させずに真上を向かせたいなら

/tp @p ~ ~ ~ -180 -90

と打てばいいわけですね。
「~」はコマンドの実行場所と同じ場所を示すので、その場から移動しないということです。

向く方角に関しては北を指定しましたが、真上や真下を向かせる場合にはこだわらなくて問題ありません。
どの方角を指定しても、真上や真下を向きます。

体の向きは方角によって異なるので、視線を戻した時に見せたいものがある場合は、その方角を向かせましょう。

また、向いている方向でコマンドを実行させることもできます。
そのコマンドについては、向いている方向でコマンドを実行するならrotation!【全方向に対応】にて解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

tpコマンドで強制的に特定の方向を向かせて、その方向を向いていることをきっかけにコマンドが実行されるなんてことも可能です。

というわけで、tpコマンドでテレポートした時の向いている方角や視線の位置を指定する方法について解説しました。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

今回使ったコマンドはこちら。

今回使ったコマンド
  • 座標x=100、y=100、z=100の地点にテレポートするコマンド
    (テレポート後は西の方角を向きつつ、地面に対して水平の位置に視線がある)
/tp @p 100 100 100 90 0
  • その場から動かずに真上を見させるコマンド
/tp @p ~ ~ ~ -180 -90
ポイント
  • tpコマンドで向きを指定するには、2つの項目を数字で追記します。

この記事は以上になります。







関連記事

この記事を共有!